セミリタイアで不安な親の介護

スポンサーリンク

48031e1d56b0518c85236a438654a68e_s

介護の2文字が浮かぶ

幸いうちの両親はともに健在で、現在元気に生活をしています。これは、とてもありがたいことです。

しかし、その両親は2人ともに70歳を超え、年齢的にどうしても「介護」の文字が浮かんできてしまいます。

その両親は、両親なりに将来の介護のことを考えてはいるとは思うのですが、その介護について、両親と何となくで話したことはありますが、きちんとした形では、今まで話したことがありません。

ただ、両親がいくら介護のことを考えているといっても、例えば、考えたくはないですが、父親の介護が必要になったとき母親ばかりに頼り切って、自分だけ何もしないというわけには行かないと思っています。

親の介護は不安でしかない!?

今なら給料が安いといっても普通に働いていますので、経済的には何とかなるのかと思っているのです。しかし、これが仕事を辞めてセミリタイアをした後だとどうなるのか?

それを考えると不安でしかありません。

そこで、セミリタイアをしたとしても、親の介護が必要になって、経済的に厳しくなったときは、セミリタイアを早々に切り上げて、また普通に働くことになると思います。

最後に

先のことを考え心配しても仕方ない部分もあると思います。

しかし、両親が健在の方は、将来的に親の介護が必要になることもあるということを私も含め頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

それは、後々になってから悩まないようにで「備えあれば憂いなし」ということだと思っています。

とにかく、セミリタイアのことを第一に考えつつ、親のことも考えてというのが一番良いのかな?と思っています。

スポンサーリンク