親の介護が必要なアラフォー独身の悲壮な叫びとセミリタイア

スポンサーリンク

まだ結婚しないのか?と聞かれる日々

アラフォー以上ともなれば、結婚しているのが通常で、結婚していない独身は「まだ結婚してないのか?」と、結婚していないことで、ときには白い目で見られたり、肩身の狭い思いをすることなどもあるかと思います。

そんな私もアラフォー以上のアラフィフで独身ですので、知り合いや親戚など身近な人からは「まだ結婚しないのか?」と、いわれるときが少なくありません。

それでも最近は、昔に比べ晩婚になりましたので、独身でもそれほど肩身の狭い思いをすることもなくなりましたが・・・

しかし、私が30代のときは、親は当然のこと親戚たちからもことあるごとに「付き合っている人はいないのか?」「結婚はしないのか?」といわれ続けていました。

親の介護で結婚相談所の入会を断られる。

私の周りの人たちも、歳を重ねるごとに結婚して行き、私の周りで結婚してるしてないの割合は、半々ぐらいになっています。

それでも、独り身なら結婚するチャンスもあるかもしれませんが、親の介護をしている人などは、希望をしても絶望的に結婚をすることはできないそうです。

例えば、歳も歳だしと思い、結婚したいと結婚相談所に結婚の相談をしに行った「Aさん」(男性・30代後半)でしたが・・・

しかし、その結婚相談所でいわれたのは、30代後半で年齢的に結婚相手を探すのが難しい状況なのに、さらに親の介護をしているとなるとかなり難しいと、結婚相談所への入会をやんわりと断られたそうです。

セミリタイアと介護問題

セミリタイアに付きまとう問題、それは「親の介護」

もし私が、親の介護をしていたら?セミリリタイアをしたいとは考えてないと思います。それは、親の介護で時間を取られるのもあるし、介護に掛かる費用が将来的にどうなるかわからないからです。

また、それがあってもセミリタイアをしたとしても、親の介護のことが頭から張られずに、満足にセミリタイアを楽しめないというか満喫できないと思うからです。

最後に

普通に働いていても親の介護があると、ときには会社を退職せざるを得なかったり、金銭的に大変な日々を送ることになることもあると思います。また、結婚についても、親の介護をしている人と、何らかの理由がない限り結婚したいとは思わないと思います。

セミリタイアも同じで、親の介護があってのセミリタイアは、いろいろな意味で大変になると思っています。親は、自分のことを産んでくれ育ててくれた大切な人、だから大切にしたいと思うも、介護が必要となるといろいろな問題が絡み合う。

その介護については、人それぞれ対応が違いうと思いますので、こうすればいいとの答えはなく、難しい問題だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク