セミリタイアに向けての私の資産運用法はIPO投資です!

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)について

セミリタイアに向けての私の資産運用法は、毎月の積立投信(ETF)を少しだけ買っていますが、それ以外は、ほぼ「IPO」(新規公開株)に頼った状況になっています。

IPOとは、企業が資金調達のために、オーナーやその家族といった特定の株主が保有し、流通していない状態の株式を、不特定多数の投資家に発行株式を公開することです。

IPOのメリットは、IPOに申し込みをして当選すれば、ほぼ利益が取れることで、デメリットは、当選することが難しいということです。

また、IPOをするには、ある程度の資金のストックが必要ですので、そのためストックしている資金を他の投資に使えないことです。

IPOより株の方が良い!?

そこで、私は「IPOブログ」なるものを作って、IPOについてのいろいろな情報を得たり情報を公開していたりするのですが・・・

URL:貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

現在の市場の状況を見ると「上げ基調」ですので、IPOをするよりも普通に現物というか株を買った方が、IPOより利益が出る可能性は高いのかなと思います。

ただし、当然のこととして、利益が出る出ないは購入する株というか銘柄によりますので、絶対にIPOより株の方が良いということではないです。

株が買えないでモヤモヤが貯まる!

そこで、相場の状況が良く日経が上げているときなどは、IPOではなく普通に株を購入した方が良いと思うのですが・・・

しかし、私の場合はIPOに多くの資金を回していますので、株にまで手を出す資金がなく、日経がどんなに上げようと、指をくわえて見ているしかありません。

こういったとき「先見の明」がある人なら、事前にある程度の資金をIPOからシフトして、株を買うと思うのですが・・・

しかし、投資に対して先見の明がない私は、その辺がどうやっても上手く行きません。

最後に

結局、投資って、その人の性格が出ると思っていて「堅実にやる人」と「大胆にやる人」の2種類がいると思うんです。

そこで、私のように堅実というか慎重な人は、利益も少ないけど損も少ない。逆に、大胆な人は、利益は多いけど損も多い。投資って、そういう感じなんだと思っています。

私は、投資を始めてから15年以上が経ちますが、とにかく株は難しいです。未だに素人の域を出れません。

ただ、株が難しくなければ誰もが大金持ちになれるわけで、そう考えると株が難しいと思うのは、必然というか当たり前の話しだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク