お金がいくらあれば会社を辞めますか?の無意味なアンケート

スポンサーリンク

お金がいくらあれば会社を辞めますか?

「お金がいくらあれば会社を辞めますか?」

上記のアンケートを500人の人に取ったところ、最も多かった答えが「1億」で、全体数の「約25%」の人が、その1億と答えたそうです。

ちなみに、私なら「5000万」と答えるかな?もちろん、セミリタイアなら「3000万」と答えますが・・・

その5000万とは、仕事を辞めた後は仕事をしない「完全リタイア」(アーリーリタイア)ができる金額として、頭にパっと浮かんだ金額です。

お金がいくらあれば会社を辞めますかの意味

その「お金がいくらあれば会社を辞めますか?」のアンケートの意味(真意)は、その会社を辞めたら「もう二度と働かない」という意味です。

そして、会社を辞めたあとに、再就職するとかバイトをするとか、そういう意味の言葉ではありません。そこで思うのは「本当に必要な金額は1億じゃないでしょ?」ということです。

それは、単にキリがいいから、パッと浮かんだ1億円と答えた人が最も多かっただけで「真剣に考えて答えて下さい。」といわれたら・・・

私のように5000万と答える人もいるし、1億と答える人もいるし、もしくは2億と答える人も中にはいると思います。

将来の生涯賃金を試算すると?

年齢別で、将来の生涯賃金の平均を試算すると以下になります。(大手もしくは準企業の場合の平均)

30歳「2億1500万円」
40歳「1億6900万円」
50歳「1億900万円」

上記は、例えば30歳の人が、その後も働き続けた場合、仕事で2億1500万の収入を得ることができるということです。

そして、お金がいくらあれば会社を辞めますかの問いで、上記の生涯賃金から試算すると、30歳の人なら「2億以下」なら、仕事を辞める価値はないということになると思います。

その続きで、40歳なら1億6900万円、50歳なら1億900万、そのぐらいのお金を得られなければ、生涯賃金と照らし合わせると仕事を辞めるに値しないということになります。

生活レベルはひとそれぞれ

ということで、お金がいくらあれば会社を辞めますかのアンケートで、一番多い答えの1億は、単に適当に答えた数字だということです。

もっといえば、適当な数字を集計しただけの無意味なアンケートだったといことです。

それは、上記の生涯賃金の結果からも、1億という数字は根拠のないキリがいいだけの数字であるとわかると思います。

もっとぶっちゃけると、生活レベルは人それぞれですので、1億といわれてもその数字が万人に当てはまる数字ではないということです。

最後に

こういったアンケートを見ると、中には1億あれば会社を辞めても良いとか大丈夫など思う人もいると思います。

しかし、実際の内容の1億というのは、適当に答えた数字ですので、1億あれば会社を辞められるなどと思わない方が良いということです。

それは、こんなアンケートもあるんだなぐらいに、単なる読み物程度に留めておいた方が良いということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク