セミリタイアしてます!って胸を張っていいづらいですよね。

スポンサーリンク

無職とはいいづらい。

私の知り合いに、仕事を辞めて現在「無職」の人がいます。

その人と数ヶ月前に軽くお茶する機会があり、私と2人でお茶したのですが、その人と話していて思ったのは、無職って人にはいいづらい。ということでした。

特に、両親や親戚などの身内には、いいづらいと知り合いが話していました。

そして、その知り合いが取った行動は、無職だとはいいづらいので、両親や親戚や知り合いなどには、無職だといってないそうです。

両親には話した方が良いと思う。

知り合いは、身近な知り合い数名だけに、無職だと話しているそうで・・・

私も含めてその身近な知り合いに、無職(再就職)のことをいろいろ相談したり、ときには愚痴ったりしているそうです。

まあ、40歳を超えて無職ですとは、確かにいいづらいなとは思います。

ただ、両親には本当のことを話した方が良いと思うのですが、本人曰く両親には心配を掛けたくないと、無職のことを話してないそうです。

働いてないことは悪なのか?

私まだセミリタイアしていませんが、仮にセミリタイアしたとしたら、軽いバイトをしようと思っています。

そこで、バイトで働いているとはいえ「今、何してるの?」と聞かれ「セミリタイアして、バイトと貯金で生活しています。」と、胸を張っていえるのかと聞かれたら・・・

正直いうと全員に胸を張って、そうは答えられないと思います。

セミリタイアは、人にいえないほど悪いことをしているのかといわれると、決してそんなことはないと、頭ではわかっています。

しかし、世間一般ではいい年した大人が、バイトも含め働いていないことは悪い。と見なされてしまうことが、そうさせてしまうのだと思います。

最後に

この「働いてない=悪い」みたいな、日本の風習というか習慣というか、そういうのって変えることはできないのかな?

そこで、人は人で自分は自分と割り切れればいいのですが・・・

両親や親戚やその他の絡みというか、生きていれば人付き合いがありますので、両親の手前などを考えると、体裁を取り作ろうとしてしまう。

そこで、体裁を保つためには面倒ですが、セミリタイアしてもそのことは正直にいわず、話しをはぐらかすか、働いていると嘘を付くしか方法はないと思います。

生きていると、この「世間体」(せけんてい)って、凄く面倒だと思ってしまう。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク