デブや喫煙者は健康保険制度から排除すべき!って何いってんの?

スポンサーリンク

自分だけが正義

デブが、将来生活習慣病を引き起こし、多大な医療費を必要とするなら、間違いなくそうなるデブの基準を決めて、それ以上の人には生活習慣病の健康保険医療は適用しないようにすればいい。それが嫌なら痩せればいいのだから。

コイツは、何いってんだ?

確かに、デブは健康に悪いと思うし、将来的に高額な医療費が掛かる可能性はある。それは認める。しかし・・・

病気になる例

例えば、歯を全く磨かない人が虫歯になるのはある意味当然で、それで歯医者に行くのは健康保険の無駄使い。痩せの大食いじゃないけど、痩せていても大食いで、内臓脂肪が多くて病気になる人もいるだろう。

お酒が好きな人は、アル中になったり、酔っぱらってケガをしたり、ときには中毒で救急車を呼んだりすることもあると思う。

車の運転をしている人は、事故を起こすリスクがあって、その事故で他人を傷つけたり運転していた当人が病院に行くリスクもある。

デブでいえば、相撲取りだって、芸能人だって、デブを売りに仕事にしている人は腐るほどいるし、そのせいで病気になることもある。そんなことを上げたらキリがない。

その全てに基準を決めて、健康保険を適用除外にしろとでも?

不健康をまき散らす個人や業者

もっといえば、農薬漬けの野菜を輸入して健康を害させている業者、仕事のストレスで病気になったのは、ある意味本人じゃなくて会社の責任だと思う。排気ガスをまき散らして走っている車もある。

山や野畑を開発してゴルフ場だのスキー場だの作っている業者は、自然破壊で例えば酸性雨などの影響をもたらしている。一般家庭から出るゴミだって自然を破壊をしていて、それが回り回って健康被害をもたらしている。

そういった、個人や業者などからは、逆に医療費に変わる高額な税金を取れとでも?

見の程知らずもいいところ

だから、デブとか喫煙者だからとかで健康保険を使わせないというのは横暴もいいところ。

なら、デブや喫煙者を目の敵にしているお前は、健康を害することを全くやってなければ、世間に迷惑も掛けていないといえるのか?という話し。

いえるのは、絶対に迷惑を掛けないで、今の日本に住んでる人は皆無ということ。

そのように他人に少なからず迷惑を掛けているくせに、自分のことは棚に上げてデブと喫煙者だけに保険を使わせるなというのは、見の程知らずもいいところ。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク