過酷な日雇い派遣の現状と貧困「仕事がない人々」について

スポンサーリンク

日雇い派遣の悲惨な状況

日雇い派遣は、日々変わる職場、どんなに遠い派遣先でも一切交通費は支給されず、日給(時給)自体も安く働かされる仕事です。

そんな全ての日雇い派遣が悲惨なのか?と言われればそうとも限らないと思いますが、世間一般に日雇い派遣の待遇は「悪い」と思っていれば間違いないと思います。

なぜそのようなことが言いきれるのか?それは私自身も日雇い派遣をしたことがありますので、そんな悲惨な状況を十分に理解しているからこそ「悲惨」だと言えます。

そもそも「日雇い派遣」とは?

派遣労働者のうち、1ヵ月未満の雇用契約で働く者を「短期派遣(労働者)」、1日単位の雇用契約で働く者を「日雇い派遣(労働者)」と言います。

日雇い派遣は、派遣会社に登録して、その派遣会社から1日単位で雇用され、派遣先で働いて1日単位で給料を受け取ることができる働き方(システム)です。

日雇い派遣をする目的

私は、日雇い派遣は、あくまでも「次の仕事までのつなぎ」や本業とは別に給料の足しにするための「副業的な仕事」であって、メインの仕事にはなり得ないと思っています。

しかし、正規の仕事がなく定職に就けない人たちは、その日雇い派遣で食いつなぐしか方法はなく、現状に甘んじて仕事を続けていると言った状況となっています。

現状の労働環境

今や「非正規」(日雇いや派遣など)は、全労働者の「4割以上」を占め、労働環境は悪化する一方となっています。

そのような中で、仕事がない状況が長く続き貯金も底をつきそうな状況だと、生活費を得るためには、簡単に雇ってもらうことができる日雇い派遣などにどうしても手を延ばしてしまう現状があると思います。

これは小泉元首相が雇用を増やすとの名目で行った派遣法の悪改により労働環境が悪化したことに端を発していると思います。

最後に

日雇い派遣と言う働き方も人によってはありと言われればありだと思います。しかし、そのような仕事があることで、現状の雇用環境が悪い状況に進むなら「廃止」もしくは「見直し」を検討すべきだと思います。

そもそも、雇用の安定してない日雇い派遣の方が、正規労働者より給料が良くならなければならないもしくは同等となるべきなのに、給料の逆転現象が起こっていること自体が雇用環境を悪化させている原因だと私は思っています。

スポンサーリンク