将来お金に困らないために大切なたった1つのこととは?

スポンサーリンク

将来お金に困らないために大切なこと

タイトルの「将来お金に困らない為に大切なたった1つのこと」とは、それはズバリ「病気にならないこと」です!

それは、病気になればその病気を治すために、治療費などでお金が掛かることになります。場合によっては、仕事を休んで給与が減ってしまうこともあると思います。

また、癌(がん)、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病など、重病になればなるほど、お金が多く掛かることになります。

そこで、将来お金に困らないためには、ずっと健康でいるということが、大事だということになると思います。それが「健康が何よりも大切」といわれる由縁だと思います。

重病になると?

そして、重病になると、仕事を休んだりしなければなりませんので・・・

病気になれば、傷病手当などの手当もありますが、基本的にその間は「無収入」になりますので、貯金を食い潰すことになると思います。

ですので、結果としてお金に困ることになると思います。

それが、比較的早く治すことができる病気なら、それほどお金に困ることもないと思います。

しかし、それが一転して重病ともなると、どれだけの費用が掛かるのかというと、あくまでも概算ですが下記が一例になります。

重病の病名と掛かる治療費の一例

・急性心筋梗塞  2,152,533円
・脳梗塞     1,457,413円
・糖尿病(急性)  537,102円

上記以外にも、一般的な癌の治療費は「平均100万円」といわれ、早期発見して健康保険が適用される標準治療だけで済めば、自己負担額は50万円程度で収まるそうです。

また、それ以外の費用としては、通院費や病院に行くまでの交通費、後遺症などが残れば、さらに治療費などが多く掛かることになります。

無収入になるのが一番怖い?

それでも病気が治り完治して、仕事に復帰できれば収入を確保できますので、金銭的にどうにでもなると思います。

しかし、上記のような重病になってしまうと、仕事に支障をきたす場合もありますので、場合によっては、会社を辞めなければならないということもあると思います。

そうなってしまうと、働いていませんので、必然的に無収入になってしまいます。

さらに、病気の治療費などで出費がかさみますので、将来的にお金に困ることになる可能性もあると思います。

最後に

働いていれば収入がありますので、その収入の多い少ないで、お金に困ることはあると思いますが、それでも生活はできると思います。

しかし、病気で仕事ができなくなれば、必然的に無収入になりますので、お金持ちでもない限り、生活が一気に困窮する可能性もあると思います。

そこで大切なのは、病気にならないために、しっかりと睡眠を取り、暴飲暴食を避け、日頃からストレスを貯めないようにするなど・・・

体調管理をしっかりするこが大切で、体調管理をすることで病気にならないよう気を付けることが、将来お金に困らないためにも大切なことだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク