セミリタイア後の理想は「ひとり農業」だけど無理かな?

スポンサーリンク

ひとり農業

金スマ(中居正広の金曜日のスマたちへ )で一番好きなコーナー

それは定期的に放送している「ひとり農業

その「ひとり農業」とは、ひとりで田舎に住み自給自足の生活をしながら、近隣の人たちや飼っている動物たちと仲良く暮らすというものです。

ただし、今はそのひとり農業をしているヘルムートさんは結婚されているので、ひとり農業ではなくなっていますが・・・

憧れるけど無理かな?

その「ひとり農業」を見ると、自給自足生活とか憧れてしまう。

ただ、憧れはあるんだけど、利便性を考えるとやはり田舎には住めないかな?

そこで、田舎でも駅から近いとか中心部に近いとかならまだ大丈夫だと思うんだけど、そうなると今度は農業をやる土地がない。

そこで、農業というか自給自足程度のことをできなければ、田舎に行く意味がないと思っている。

病院がないと怖い

それと、一番の問題だと思うのは、田舎だと近くに病院がないこと。

セミリタイアで一番怖いのは「病気になること」だと思っているので、近くに病院がなくて手当が遅れたらと思うと、近くに病院がないところには住めないと思っている。

結局、あっちを取ればこっちが成り立たずで、そのひとり農業は、実行する前の憧れだけで終了してしまう公算が大きいと思う。

最後に

セミリタイア後は、静かにのんびりと暮らしたいと思っている。

その静かにのんびりと暮らすなら田舎の方が良いんだろうけど、田舎になると何かと不便になるので、やはり現実は厳しいと思う。

今まで、スーパーやコンビニに徒歩で行けて、病院も駅も近くにあってで暮らして来たので、田舎に行って不便になると一気に憧れが冷めてしまうような気がする。

スポンサーリンク