「サイレントプア 声なき女性の貧困」単身女性の3人に1人が貧困の現実

スポンサーリンク

貧困女性が増えている現実

今や単身女性の3人に1人の割合で貧困となっています。その貧困女性の年間所得(税金などを引いた所得)の平均は「112万円」となっています。

年間所得が112万となると、本当に切り詰めないと生活できないレベルで、この金額は生活保護の金額よりもさらに低い金額となっています。

貧困女性たちの今

そんな貧困女性たちはどうやって生活しているのか?それは、インターネットを使い「試食サイト」から無料で送られて来る試食品を活用して食費を押さえたり、中にはお金がないので夕食を食べない生活をしている人などもいるそうです。

この貧困問題については、女性だけでなく男性にも言えることで、働いている人の中で、年収300万以下の人が4割もいると言う現実があります。

これだけ貧困を訴えている人が男女問わず多くいるにも関わらず国は何もしようとはしない。貧困になるのは自分の責任で、そんな奴のことは知ったことではないとでも思っているのでしょうか?

国はなにもしてくれない!

そん貧困女性が国中に蔓延する中で、国は財源がないとの理由で税金を上げると言う。税金を上げるのは、財源がないからで百歩譲って仕方がないと思う。ただし、税金を上げる前にやるべきことがたくさんあるのでは?と思う。

財源がない昨今の国の対応は「財源がない→借金をする→国債の発行・税金を上げる→借金が返せない」こんなことを永遠と繰り返しているような状況で、財源がないから税金を上げると言う安易な発想しかできない国の対応にはウンザリ

最後に

とにかく、税金を上げる前に、この「貧困問題」を解決する策を出す方が先の話しで、その解決策とは?早急に「十分に生活できるだけの給料がもらえる仕事の提供」だと思うんです。

そのために何をすべきか?どうすべきか?それを考えるべきが先で「甘えるな!」という一言では片づけず、本気で貧困問題の解決に取り組んで欲しいと思っています。

参考URL:貧困拡大社会「見過ごされた人たち」を見て思う低所得者の実態

スポンサーリンク