単身女性の3人に1人は貧困!?その年収は122万円未満の貧困女子

スポンサーリンク

単身女性の3人に1人は貧困!?動画

貧困女子

もしかしたら以前に書いた記事かもしれません。ダブっていたらスイマセン。

最近、TVやネットで取り上げられることが多くなった「貧困女子」(年収122万円未満)

今やこの貧困女子に、単身女性の3人に1人が当てはまると言われています。これは、いわゆる「ワーキングプア」の状態です。

そこで、今は貧困女子でなくても、いつどうなるかわからず、近い将来に貧困女子に陥ることもあると思います。

貧困女子の多くが普通に働いている人たちです。

普通にフルタイム(1日8時間)で働いていても年収122万円未満というのは、にわかには信じられない話しかもしれませんが、現実として収入が少ない女子が多いのも事実です。

それは、日本の平均年収は、年々下がる傾向にあり、そのため女子の賃金も年々下がっていると言うことです。

また、まともな給料が出る正社員の職が少なくなり、そのため派遣やパートなどで仕事をする人たちが増えたため、年収も下がる傾向にあると言われています。

また、女性の場合は、結婚や育児などで一度職場を離れてしまうと、再就職しようにも年齢やキャリアなどの問題で、特定の資格やスキルのない人は、正社員の道が閉ざされてしまっている現状があり、それに伴い年収も下がってしまうと言うこともあるかと思います。

今後はさらに厳しくなる!?

さらに、保険や年金も年々上がる傾向にあり、その分を給料から差し引くと、当然もらえる給料や年収の金額も減ると言うことです。

また、収入は下がる一方なのに、以前に比べ物価についてはインフレ傾向にあり、税金もこれから上がって行きますので、収入は増々減る一方だと思います。

そこで、男性でも年収的に厳しい状況ですので、女性だとさらに厳しい状況になる人が多くなると思います。

最後に

収入が少ない分、支出を抑えれば良いと思いますが、その支出を抑えるにも年収が少ないですので限度があると思います。

年収122万未満で暮らす人たちに、今以上に支出を抑えろと言うのは酷な話しで、無理に近いものがあると思います。

そこで、経験や資格がなくてもできる仕事を増やすとかワークシェアリングなどを導入することで、もっと安定した収入を得れる場を増やすことが先決なのかなと思っています。

スポンサーリンク