貧困は自己責任?普通の生活が遠い貧困のリスク

スポンサーリンク

風俗嬢として働く

風俗嬢の仕事をしていたAさん

そのAさんは、当時は大学生で、内定先も決まっていたという。またAさんは、一見すると普通の女子大生で、清楚ないで立ちをしているという。

そんな彼女が、なぜ学生時代に風俗嬢をしていたのか?

それは、父親がリストラされ職を失ってしまったからで、学費が払えず風俗嬢として働いていたそうです。

また、リストラされた父親は仕事を転々としていて実家の家計が厳しく、風俗嬢をやりながら自分の学費以外に家族に仕送りもしていたそうです。

バイトでは学費までは払えない?

もし、風俗嬢ではなく普通にバイトをしたら?

バイトの時給としては、800~900円程度だろうから、1日8時間で時給900円で働いたとしても、1日でもらえるのは7200円、そこから税金などを引かれる。

さらに、学生ですから毎日はバイトができないので、月に稼げるのは、頑張っても10万程度がやっと。

年間100万の学費、それに加えて一人暮らしのため家賃や水道光熱費などの生活費などを払うと、公的機関から奨学金を借りたとしても、生活はギリギリでバイトで家族に仕送りまではできないという。

そこで、仕方なく選んだのが風俗嬢の仕事だったそうです。

元風俗嬢がバレる。

その後、大学時代に決まっていた内定先に就職したものの、元風俗嬢ということが会社にバレてしまい会社に居ずらくなり辞めてしまう。

その会社を辞めてからは、もう一度風俗嬢の仕事に戻るも、風俗嬢をしている自分の将来が不安になってしまい、メンタルを壊して風俗嬢も辞めてしまう。

それで、現在は無職で、今は今後の将来のことを模索しているという。

ただし、年齢はもう少しで30歳で、普通に就職するにしても職歴がなく厳しい状況だとのこと。また、貯金はほとんどないく、借りた奨学金を返すのも厳しい状況だとのこと。

最後に

上記は、ある記事を抜粋させて頂いたのですが、上記を読んで「貧困は自己責任なのか?」と考えさせられてしまいました。

上記の記事を読むと、確かに普通に就職するチャンスは何度かあったと思います。

しかし、親がリストラされたことが全ての始まりで、風俗嬢ににならざるを得なかった彼女に対して「普通に生活できないのは自己責任だろ!」というのは、少々酷なような気がします。

そこで、貧困のリスクはどこにでも転がっていて、一度つまづくと簡単に貧困に落ちる現実というかリスクは常にあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク