貧困でいるぐらいならと風俗嬢を選ぶ女性

スポンサーリンク

手取り12万で家族を養うAさん

工場勤務の20前半代の女性のAさん、その工場の給与は、手取り「12万前後」だという。その手取り12万で、母子家庭の母と弟2人の4人で暮らしているそうです。

そして、母がパートをしているもののその給与はパートなので安く、弟2人は学生で学費が掛かり、そのため生活はギリギリだという。

そして、その弟たちが大学に行きたいとなれば、これから学費はさらに掛かることになり、将来の生活のことなどを考えると不安だという。

そこでAさんは、工場より稼げる「風俗嬢」になるとこを決めたという。

まずはキャバクラで働きたい。

ただし、始めから風俗嬢になることには少し抵抗があるので、まずは、キャバクラなどの水商売で働いて、どのぐらい稼げるのかを試してみたいという。

そこで、工場のときよりお金を稼げれば、風俗嬢にはならず、そのままキャバクラに残りたいそうです。

そして、高卒のAさんの夢は、お金がなくて諦めてしまった「専門学校」に、お金を貯めて行くことだと「笑顔」で語っていたそうです。

風俗嬢になるのは嫌だけど、生活のために仕方がなく風俗嬢になろうと決めたAさん、しかしその一方で、専門学校に行けるかもしれないと思うと希望もあり、それが嬉しい反面、心の中は複雑な心境だそうです。

本当は風俗嬢になりたくない!

本当なら、風俗嬢になどならず、普通にOLとして働きたい。

しかし、Aさんは高卒、しかも、今まで工場勤務でしか働いた経験がなく、工場以外のキャリアを積めなかったことで、工場以外の他の職業に就くこともできない。

そして、給与が安いからと工場勤務のキャリアを活かして工場に転職したとしても、今と同じ工場では、給与が上がる見込みはないという。

そして、キャリアがなくても高収入を得れる職業とは?と考えたときに、風俗嬢しか思い浮かばなかったそうです。

最後に

最後にAさんは、このままずっと貧困のまま生活するのは辛い。このまま貧困でいるぐらいなら、風俗嬢になる方がマシだとも語っていたそうです。

こういう記事を読んでいると、世の中って本当に不公平だなって思う。真面目に工場で働いていても生活はギリギリで、風俗嬢になるしか選択技がないという人生

これは、Aさんの努力が足りなかったということなのか?

人は簡単に「努力が足りない」とか「努力不足」とかいう言葉を使うけど、本人の努力だけはどうにもならないこともあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク