増え続ける「中高年の引きこもり」他人事じゃない?

スポンサーリンク

初めに

引きこもりをしている人の人口は、現在「60~70万人」程度いると言われています。その中の半数以上が「30代以上」となっていて、引きこもりの「高齢化」及び「増加」が深刻な問題となっています。

また、18歳~55歳の労働人口の約10人に1人は「働いていない」「働く気がない」「引きこもり」などの状況となっています。

同世代で他人事とは思えない?

上記の動画の中高年引きこもりの方の年齢は「45歳」で、45歳と言えば私と同じ世代で他人事とは思えない?

私もセミリタイアをしたのは良いけれど、やることがなく引きこもりになるのでは?と思うこともなきにしもあらずで考えさせられる動画でした。

最後に

セミリタイアをした後は、今の仕事を辞めて軽いバイト程度はしようと思っているのですが、高齢でバイトを始めて果たして続くのか?そもそもバイトがあるのか?

そんな未来のわからないことを心配しても仕方ないと思うも、将来のセミリタイアに向けセミリタイアをしていない今にいろいろと考えておくことは必要だと思っています。

一度社会と切り離されると戻ることが大変な日本社会、セミリタイアをして社会と切り離されたらどうなるのか?その辺を重々考えてからセミリタイアをしないとと思っています。

スポンサーリンク