日本人平均貯蓄は1000万超え!?平均値の罠とセミリタイアについて

スポンサーリンク

日本人の平均貯蓄

日本人の平均貯蓄は、平成25年度調べて「1047万」となっています。

この数字をだけ見ると、日本人のほとんどが1000万以上も貯蓄してると勘違いをすると思います。

しかし「中央値」(データーとして1番多い数字)を見ると「約700万」となっており、日本人として1番多い貯蓄は700万前後ということになります。

これが「平均値」のマジックです。

平均値と年収

これと同様なことが「年収」です。

サラリーマンの平均年収は、現在「約500万」となっています。

この数字だけを見ると、ほとんどのサラリーマンは、年収500万以上あると錯覚しがちですが、実はそうではありません。

実は、ほとんどのサラリーマンが、年収300万台以下で働いているという現実があります。

いわゆる「給料格差」「収入格差」がサラリーマンに広がっているということです。

作業時間に見る平均値

ある同じ作業を以下の5人に降り分けたところ、以下の作業時間で終わりました。

Aさん(44分)
Bさん(35分)
Cさん(29分)
Dさん(35分)
Eさん(47分)

作業の平均時間は「38分」でした。

しかし、ここで重要なのは「平均値」ではなく「中央値」の「35分」で、40分以上掛かった作業の遅い人をいかに35分に近づけるかの対策が必要だと思います。

もちろん1番良いのは、作業が1番早いCさんと他の人も同じになるがベストだと思います。

平均は美徳?

なぜこれほどまでに平均値がもてはやされるのか?それは、日本人特有の「平均が美徳」との考えだったり精神から来ると思います。

平均に適(かな)った人は「善」、また平均に適わない人は「悪」みたいな。

例えば、平均貯蓄額が1000万以上ある人が普通で、1000万以下の人は、貯蓄が少ない貧乏人というところに当てはめられてしまう。

しかし、貯蓄が1000万ある年収300万の人と、貯蓄が100万しかない年収1000万の人を比べると、明らかに後者の方が裕福であると誰もがわかると思います。

最後に

平均値はあくまでも平均値であって、平均値に下手に意味付けをしてデータのマジックともいえる「平均値の罠」に掛からないようにすることが大切だと思います。

セミリタイアについても、独り身なら最低5000万の資金はないと無理とか、1億は必要だとかいわれますが、これは一般論で、いわば平均してという意味だと思います。

しかし、人それぞれで生活レベルが違いますので、セミリタイアに必要な資金も違います。

そこで、セミリタイア資金の平均値を知っておくことは大切だと思いますが、その平均に迷わされることなく、自分に必要な資金でセミリタイアをすることが大切だと思います。

スポンサーリンク