生活苦は増えるばかり!「派遣」という雇用形態とはいかに?

スポンサーリンク

派遣は1つの職場で最長で3年

平成27年9月30日の派遣法の改正で、一つの職場で働ける期間は最長で「3年」となったわけでが、これは、現在派遣で働いている人の不安を煽るもので、企業側に有利な改正となりました。

しかし、企業あっての「雇用」ですので、派遣法の改正は、仕方ない面もあるかと思いますが、そもそも「派遣」と言う雇用形態が間違いであって、その根本的な間違いを正さない限り、派遣で働いている人の不安は一向に消えないと私は思っています。

そもそも派遣の間違いとは?

その間違いとは、派遣で働いている人の「半数以上」は「正社員」になりたいと思っており、それは派遣と言う働き方が「間違っている」「不公平」「不安」などと感じているからそのように思うのだと思います。

また、派遣は、企業側にとって使いたいときに人を使え、いらなくなればクビにできる雇用形態です。しかし、正社員は簡単にクビを切ることはできません。正社員は国や企業から守られ派遣はないがしろにされています。このことからも派遣と言う雇用形態は間違いであると感じています。

派遣は正社員になれない?

また、派遣法の改正前は、3年以上派遣を続けた人に対しては、企業側に直接雇用が義務付けられていましたが、改正後は、この直接雇用の義務付けが撤廃されました。

これは、派遣からは基本的に正社員にはなれない仕組みで「派遣で頑張れば正社員になれるかも」との派遣社員の少ない希望が奪われる形となりました。

最後に

上記にも書きましたが、企業あっての雇用ですので、派遣法が、雇用する企業側に有利になるのはある程度は仕方ないことだと思います。しかし、正社員、契約社員、派遣社員などの雇用形態で、条件が大幅に違うとなると話しは別だと思います。

正社員も派遣も公平にとは行かないと思いますが、派遣だからと言ってないがしろにはせず、雇用形態に関係なく、働く人が不安を抱かない仕組みを作ることで、国も企業も働く人もいろいろな意味で豊かになれると思います。

スポンサーリンク