セミリタイアの参考になる資産5000万で配当金生活のその後

スポンサーリンク

株の配当金だけで生活

某掲示板の書き込みで見つけたのですが、5000万貯めて株の配当金だけで生活したら、一体どうなるのかを試みた人のブログがあったそうです。

そのブログは現在存在しませんが、もし存在していたら、今後のセミリタイアの参考のために是非読んでみたかったです。

その配当金生活の詳しい内容とは、年4~5%前後の高配当株を数種類購入して、元金の5000万は全く使わず、配当金だけで生活費などの全てをまかなうというものです。

ただし、購入した株が上がったとか下がったとかは考慮せずです。

結論か先にいうと・・・

配当利回り4~5%前後の株を5000万分購入すれば、配当金だけで最低年間200万以上にはなると思います。

そこから税金を払ったとしても、手取りで「月15万前後」にはなる計算です。

そして、その人は結局どうなったのかというと、数年後には配当金生活を止めてしまい普通に働き出したそうです。それでブログも閉鎖して消しまったそうです。

そこで思うのは、配当金生活を止め方向転換するのも、その人なりの人生だと思いますので、止めたことを糧に人生がより良いものになるなら、それはそれで正解だと思います。

なぜ配当金生活を止めてしまったのか?

月15万前後の生活費あれば、独り身なら多くを望まなければ普通に生活できると思います。

しかし、配当金生活を止めてしまったのは一体何が不満だったのか?月15万前後の生活費では金銭的に不満だったのでしょうか?

配当金生活は、事前にある程度の収入予測ができると思いますので、金銭的な問題だけで配当金生活を止めてしまったというなら本末転倒だと思います。

そう考えると金銭的な問題だけではなく、働いていないということに不安を感じてしまったのか?家族に反対されたのか?何か理由があったと思うのですが・・・

ブログが閉鎖されてしまった今となっては、その理由はわかりません。

将来を不安に思っても意味がない!?

一端セミリタイア(早期リタイアなども含む)をすると、社会から切り離されることになると思います。

そこで、正規に働いていないということに「引け目」や「収入面」などから不安になると思います。しかし、不安になったところで、将来のことなど誰にもわからなと思います。

それは、仮に病気やインフレなどになれば、想定したことが崩れてしまいますので、それをして5000万あろうが1億あろうが不安なものは不安だと思います。

そこで、セミリタイアなどを考えている人は、どこかで折り合いをしっかり付けてからセミリタイアしないと、途中で投げ出すという結果になる可能性があると思います。

セミリタイアには折り合いが大切!

セミリタイアすると、収入だったり世間体だったり社会から切り離されることなどで、不安になることも多いと思います。

その不安をいかに払拭するかがセミリタイアには大切で、折り合いをしっかり付けてセミリタイアをしないと、セミリタイア後に不安ばかりが多くなってしまうと思います。

そして、不安が多くなることで多く悩んでしまい、そこで上記に書いたように、最終的に配当金生活を止めてしまうとう結果になるのだと思います。

そこで、セミリタイアには折り合いを付けること大切で、折り合いをしっかり付けなと、セミリタイアしたことが失敗だったとなる可能性があると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク