派遣の厳しい現実「僕らがはい上がれない理由」とは?

スポンサーリンク

年齢の壁

少し古い動画ですが、今も昔も肉体労働系の派遣の厳しい現実は変わらないと思います。

その派遣で一番の大きな問題は「年齢の壁」だと思います。

派遣の多くは、頭脳労働(医者、弁護士、学者、IT、企画など)ではなく、肉体労働系の派遣になりますので、基本的に若い人を採用したがります。それは、若い人の方が、体力もあり覚えも早いので、当然と言えば当然のことだと思います。

取り残される40歳以上

そこで残されるのは高齢者、特に40歳も過ぎると派遣先では仕事の内容にもよると思いますが、採用を敬遠しがちになります。そのことで、30代後半以上にもなると派遣の仕事からあぶれる形となり職を失います。

仮に職にあぶれたとしても、先々で正社員や、もしくは同じ派遣として働けるなら良いとは思いますが、そこで仕事がないと妥協してバイトなどの時給の安い仕事に甘んじたりすると生活は落ちて行く一方だと思います。

派遣会社のホンネ

派遣で40歳以上は紹介しにくいと言います。その派遣会社のホンネとは?

「うちだけで抱えてる仕事ならいいけど、他社と競合するような仕事だと、その他社と戦わなければならないので、その競合で勝つために若いスタッフで勝負がしたい、だから40歳以上は敬遠したい」とのことです。

また、派遣先の指導者が20代や30代のときもあり、派遣するスタッフがひと回り以上も年上だと「指導がしにくい」とのことでクレームが入るときもあると言います。

最後に

派遣はあくまでも「つなぎ」でやる仕事だと思います。しかし、仕事がないがために派遣に甘んじて仕事をしているのが、今の日本の仕事事情だと思います。

そこで派遣と言うシステムをなくせば良いと思いますが、現実的なことを考えるとそうはできないと思います。

そこで派遣でも働きやすい安心して働ける仕組みを作ることが大切であって、派遣ありきの後発的な仕組み作りは意味がなく、結局、派遣と言う働き方が、企業優遇型で勝手に一人歩きしているため「派遣=働きにくい」と言うような仕事の形になっていんだと思います。

スポンサーリンク