年収は80万!食費は1食120円で極貧ライフに不安が募る!!

スポンサーリンク

在宅ワークで暮らすAさん

30代後半のAさん、在宅ワーカーとして働く彼の年収は80万円だそうです。

過去には、工場のライン工、警備員などいろいろな仕事をやりましたが、人と接することが苦手で、他人と働く職場では、仕事が長続きしないという。

そこで現在は、人と交わらなくていい「在宅ワーク」の仕事に落ちついたとのことです。

その仕事内容は、テープ起こしや、ブログ記事の作成が主な仕事で、月7万円稼げるかどうかとのこと。

貧困生活

そのため、生活は困窮を極めており、家賃2万8000円の事故物件アパートに住み、食費は自炊で1食120円以下、風呂は多くて週1回の節約生活を送っていとのことです。

確かに、年収80万といえば「貧困」ということになると思います。しかし、こういっては厳しいのかもしれませんが、自分で選んだ道ですので、嫌ならもっと稼げる仕事を探すしかないと思います。

多くの人は、仕事をする上での人間関係には、多かれ少なかれ悩むことになると思います。そこで、人間関係が嫌だと毎回逃げ出していては、何も解決しないと思います。

そこで、在宅ワークという楽な道を選んだのですから、収入が少ないのは、ある意味仕方がないことだと思うし、その収入に甘んじるしかないと思います。

定職に就きたいけど・・・

最後にAさんは、40歳も近づき、さすがに定職に就かないとマズいなと思っていると答え、派遣でも契約でもいいので、とにかく社員になりたいと笑って答えていたそうです。

笑える余裕があるAさんは、果たしてどうなのでしょうか?本当に、切羽詰まっているのでしょうか?

結局、Aさんは、月7万の収入でも生活できてしまっている現状があるので、その現状に甘えてしまっているだけだと思います。

最後に

住んでる地域にもよると思いますが、30代後半なら仕事でまだやり直せると思うし、派遣や契約なら探せばあると思うのですが・・・

人と接することが苦手だという人はたくさんいると思います。しかし、そのような人のほとんどは、生活のためと割り切って、働いているというのが現状だと思います。

自分のイヤなことキライなことを回避して、楽な仕事でそこそこの収入を得るなんて、何かしらの才能でもない限り無理な話しなわけです。

結局、月7万の収入に甘んじて、今後も生活するのか?もしくは、人間関係が付いて回るもっと稼げる仕事を探すのか?そのどちらかしかないのではと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク