あの有名なアイス「ガリガリ君」が3億円の赤字ってどういうこと?

スポンサーリンク

main001

ガリガリ君が3億円の赤字!?

数日前に「ガリガリ君」が「赤字3億円!」との記事を読みました。

そのガリガリ君といえば、比較的低価格で売られている有名なアイスだと多くの人が知っていると思います。

また、ガリガリ君といえば、私の知るところでは、そこそこ売れているイメージがあり、赤字を出しているイメージが全くないのですが・・・

ガリガリ君、ナポリタン味

そこで、よくよく調べてみると・・・

その赤字を出しているガリガリ君は、ある1つの種類で、その種類とは「ナポリタン味」とのことです。

そもそもガリガリ君にナポリタン味があることさえ知らなかったし、知らなかったので当たり前ですが、販売していることさえも知りませんでした。

3億円の赤字は調子に乗ったことが原因!?

ナポリタンとは、知っていると思いますが、スパゲティをタマネギ、ピーマンなどと共にケチャップで炒めた料理のことです。

そのナポリタン味のガリガリ君とは、ピーマンの苦みもあって、間違いなくナポリタンの味を表現できている商品とのことです。

ただし、開発者いわく「正直いってマズかったです」とのことです。

開発者が「マズイ」といってるんだから売れるはずがないですよねw

それは、2012年に「コーンポタージュ味」、2013年には「クレアおばさんのシチュー味」という異色の味が発売され、続けてヒットしていたため、それに便乗して2014年にナポリタン味を販売したところ、全く売れずに3億円の赤字を出してしまったそうです。

最後に

もし、今でもナポリタン味が売っていたら、試しに食べてみたいと思っていたのですが・・・

そのナポリタン味は、現在では、製造・販売されていないそうです。残念!

そのガリガリ君については、今回のナポリタン味の失敗をバネに、また新しい味にいろいろと挑戦して欲しいですね。

そんなガリガリ君の記事を書いていたら、無性にガリガリ君が食べたくなってしまったので、今度店頭で見掛けたら是非ともガリガリ君を購入しようと思っています。

スポンサーリンク