貯金が1000万あっても数年後には底をつく「がん破綻」の恐怖

スポンサーリンク

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

セミリタイアで一番怖いのは何か?

セミリタイアで一番怖いのは何か?と聞かれたら、それはまぎれもなく「病気」になることだと思います。

病気と言っても、虫歯、頭痛、風邪など、比較的に治しやすい病気ならまだ良いかもしれませんが、がんや脳梗塞や心筋梗塞など、お金の掛かる病気になるとかなり厄介だと思います。

全ての負担が大きい大病

大病は、お金が掛かること以上に、身体的にも精神的にもかなりの負担になると思いますので、上記のようながんや脳梗塞や心筋梗塞などの大病になってしまったら?と思うと気が気ではありません。

そこで、その不安を解消するために「生命保険」や「医療保険」などがあると思うのですが、私のような貧乏人だと多くの保険金が下りる保険には掛け金の問題を考えるとなかなか入ることができません。

そこで、保険を多く掛けられない場合には「暴飲暴食を避ける」とか「定期的に健康診断を受ける」とか「少しでも病気かな?と思ったら無理せずに病院に行く」とか、健康管理や体調管理を個人でしっかりと行なうほかないと思っています。それでも病気になるときは病気になってしまうと思うのですが・・・

貯金が1000万あっても破綻する!?

大病を患い、手術&長期入院しなければならないような病気になった場合には、手術費用だけで数十万~、多いときは数百万も掛かります。

そこに入院費用、退院したとしてもその後の通院費、薬代、それが長くなれば長くなるほど金銭的な負担も重く伸し掛かります。

例えば、がんの完治の目安は「5年経過」と言われています。手術を受けてから5年経過して何事もなければ一応安心だと言われています。と言うことは?5年間も定期的に通院してもろもろもの費用を払い続けなければならないと言うことです。さらに、再発などすれば治療代は一気に上がってしまいます。

ですので、貯金が「1000万」あったとしても、場合によっては、病気で「破綻」する可能があると思います。

最後に

上記にも書きましたが、病気にならないようにするためには、普段からの健康管理や体調管理が大切だと思います。

愛煙家の私が言っても説得力がないかもしれませんが、私は煙草以外には、酒や健康に悪いとされる食べ物は極力食べないようにしています。

とにかく、セミリタイア前も後も病気になるリスクを減らすには、適度に徹底した健康管理や体調管理を自己でするしか方法はないと思っています。

スポンサーリンク