FXの自動売買やAIファンドが儲からない訳とは!?

スポンサーリンク

FXの自動売買は壊滅状態!?

少し前に流行った「FXの自動売買」ですが、しかし、今となってはほぼ壊滅状態で、一時流行ったFXの自動売買系のブログも消えてしまったか、更新を止めてしまっているような状況です。

最近では、自動売買系の「ループ・イフダン」などが出ていますが、正直よくわかりません。それは、前記した以前からある自動売買と何が違うのという感じです。

そして、ループ・イフダンで利益を出すことができるなら、自動売買でも利益を上げられるのでは?と思ってしまうのですが、これは、FXの自動売買などを批判しているのではなく、素人のたわごというか素直な感想です。

最近流行のAIファンドとは?

そして、最近話題というか流行なのが「AIファンド」で、そのAIファンドとは、AI(人工知能)を駆使して、株取引きなどをして利益を上げるというものです。

そのAIファンドの成績としては、ある信託銀行のAIファンドでは、一応順調にプラスにはなっているということです。ただし、今は上げ相場ですので、むしろ、この状況で利益を出せないならダメでしょ?

しかし、学生時代にAIを少しだけかじっていた私からいわせてもらうと、FXの自動売買しかりAIファンドしかり、条件設定でどうとでも変わりますので、何ともいえないと思っています。

ですので、自分で思い付くまま勝手に取引をするぐらいなら、自動売買でもAIでも使った方がマシだという、今はそのレベルぐらいのものだと思っています。

AIの最大の欠点とは?

そのAIの最大の欠点といえば、条件以外の事例が出たときに対応ができないということです。そして、今回のトランプ相場もAIは予測ができなかったとのことです。

AIは、過去の事例から相場の状況を判断しますので、過去に起きたことがない事例が発生すると、AI独自の判断となります。それが、欠点でもあり弱点でもあるということです。

実は、AIファンドより先に、AIを駆使したマネックス証券などが販売する「日本株ロボット運用投信」があり、その成績は、一応プラスにはなっているものの、運用成績はあまりよろしくないとのことです。

最後に

AIファンドいわく、大きく何も起きない安定相場なら、ある程度の利益は出せるらしいですが、予測の付かない乱高下相場などになると、途端に弱くなってしまうらしいです。

結局、相場には「人間の心理」が働きますので、AIを駆使したとしても、その心理までは読み取れないということだと思います。

そして、AI自体がもっと人間に近い形で進化できなければ、人間の心理などは読み取れるはずもなく、AIを使ったファンドなど眉唾物ということだと思います。

それは、極端かもしれませんが、現状では、たまたま勝った負けただけのいわゆる「丁半博打」と同じということだと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク