セミリタイアで良策だと思うのは不労収入を作ること!?

スポンサーリンク

セミリタイアと不労収入

セミリタイアに向けて事前準備として良策だと思うのは「不労収入」を得る手段、これを作っておくことだと思います。

その不労収入を作る手段とは?

例えば、お金に余裕のある人は、不動産の家賃収入、株の配当金、FXのスワップなどで、お金に余裕のない人は、アフィリエイトなどの無資本もしくは低資本でできるもので、不労収入といえばそんなことろだと思います。

働くのがベスト?

しかし、不動産収入を考えても入居者が必ずいるとは限らない、株も株価が下がれば配当をもらっても損をしてしまう、アフィリエイトも安定収入とはいかない、そもそもアフィリエイトで生活費以上を稼げる人は極々少数

そう考えると一番良いと思うのは、バイトでも何でも「働く」これがベストなのかと。特に、セミリタイアをしても資金的に余裕のない人は・・・

ただし、働くのがベストだといっても、週5日で40時間以上働くなら、それでは、セミリタイアではなく普通に働くのと同じですので、ほどほどに働くということです。

セミリタイア資金を減らさない努力が必要

セミリタイアをした後に大切だと思うのは、セミリタイア後のセミリタイアのための資金を極力減らさないということだと思います。

それは、セミリタイア資金が減ることになれば、徐々に先細りして、最終的に資金がなくりパンクする恐れもあるからです。仮に、セミリタイア後にパンクをしたら目も当てられない状況になると思います。

そこで、セミリタイア資金に余裕のある人は別ですが、セミリタイア資金に余裕のない人は、大なり小なり働く、もしくは無資本か低資金でできる不労収入を考える。

そして、セミリタイア資金を極力減らさない努力をすること。それがセミリタイアをした後には、特に大切なことだと思います。

最後に

ただ、私のようなセミリタイア資金の乏しい人が、無資本もしくは低資本でできる不労収入をしたとしても、その収入としては、生活費にはほど遠い状態になると思います。

そこで、低資金セミリタイアをしても、バイトなどをして生活費の足しになるぐらいは働くしか選択肢はいのかな?と思ってたりもしています。

しかし、セミリタイアを考えるなら不労収入があれば、かなり楽になると思いますので、セミリタイア前から不労収入のことを考えることは必要だと思います。

当然、セミリタイア前だけでなく、セミリタイア後も不労収入のことを考え、それで食べて行ければセミリタイア資金を減らさずに済みますので、それはそれで良いことだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク