少しでも多くの不労所得を得たいならとにかく経験が重要!

スポンサーリンク

仕事を辞めるために不労所得を考える

例えば、サラリーマンをしている人の中には、嫌な仕事や上司のためになど働きたくないと思いながらも、嫌々働いているという人もいると思います。

そして、嫌な仕事や上司のために働くぐらいなら仕事なんか辞めてやると思うも、生活のことを考えると、そう簡単に仕事を辞められないと思います。

そこで、それを実行するには、いつでも仕事を辞められる状態にしておけば良いわけです。

その1つに「不労所得」を得ていれば、仕事とは別に収入がありますので、心置きなく仕事を辞めることができると思います。

不労所得とは

不労所得とは、某有名辞書では、働かないで得る所得、利子、配当金、家賃、地代などとなっていますが・・・

しかし、例えば配当金を得るには、株に関する勉強というか知識を付けることが、必要になると思いますので、全くの無労働ということではないと思います。

それをいうなれば「低労働」とでもいうことになると思いますが・・・

ただし、上記の配当金を例にすると、効率の良く配当金を得るには、相応の知識が必要になると思いますので、そういった意味では低労働ともいえないと思います。

不労所得の目標は今の給与以上!

そして、実際に不労所得を得ていたとしても・・・

その不労所得が、今の給与を上回らなければ、実際に仕事を辞めたとしても、生活するには厳しい状況になると思います。

そこで、会社を辞めることに対して、不労所得の目標としては「今の給与以上の収入にすること」が必要になると思います。

そして、不労所得が今の給与を上回ることで、そこで初めて、会社を辞める辞めないの話しができると思います。

給与以上の不労所得を得るのは難しい

しかし、不労所得を得たいと思っても、今の給与に見合うそれなりの不労所得を得るには、給与を得るのと同じぐらい難しいことで・・・

むしろ、普通に働いて収入を得た方が、不労所得を得るよりも簡単だという人もいます。

そこで、例えば手軽にできるアフィリエイトで、不労所得と得ようと思いブログなどを始めてみても、実際に多くの不労所得を得ている人は限られています。

それは、アフィリエイトで毎月5000円以上を安定して稼ぐ人は、アフィリエイトをしている全体の10%にも満たないといわれているからです。

不労所得を得るにはとにかく経験!

しかし、普通に働くことの方が簡単だといっても、逆にいえば、上記の話しで不労所得がなければ、嫌な仕事でも上司でもそれに従わざるを得ないわけで・・・

そして、嫌々ながらも今の状況にしがみ付くしかないというになると思います。

そこで、少しでも多くの不労所得を得るには、学歴などより「経験」が重要だといいます。それは、頭で考えるより、とにかく経験することが大事だということです。

そして、経験を多く積むことで得た経験や知識などを活かすことで、不労所得を多く得るチャンスが養われていくということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク