セミリタイア後の年金払いに「付加年金」は欠かせない!?

スポンサーリンク

セミリタイアと付加年金

セミリタイアをするために仕事を辞めて副業やアルバイトと考える人は多いと思います。

そこで、仕事を辞めると厚生年金から国民年金に切り替わるわけですが、セミリタイアに向け国民年金を免除する方は別ですが、国民年金を払い続けようと考えてる人は「付加年金」も合わせて払うのがお得だと思います。

その付加年金について、以下に書きたいと思います。

付加年金とは?

国民年金の保険料を支払うとき「付加保険料」という保険料を追加して払い込むことで、65歳以降、国民年金に加えて「付加年金」という上乗せ年金を受け取ることができるシステムです。

ちなみに掛け金は、月額で「400円」と低額となっていますので、セミリタイア後の資金を減らしたくない方や低収入の方にも負担にならないと思います。

また、掛け金が低額ですので、受け取れる額も低額ですが、付加年金はメリットの多い年金となっていると思います。

2年で元が取れる付加年金

付加年金額は「200円×付加保険料納付月数」が、国民年金とは別に受け取るとこができるシステムです。

例えば、20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は次のとおりとなります。

「200円×480ヵ月(40年)=月8,000円」、年間で「96,000円」の付加年金を受け取ることができます。

この結果、付加保険料を納めた分は、たったの「2年間」でモトが取れます!

また、この付加年金は、亡くなるまでずっと支払われる年金になります。

付加年金は手軽に始められる!

この付加年金のもう一つの魅力は「手軽さ」です。

市区町村役場の国民年金の窓口か年金事務所で「付加保険料を払いたい」というだけで簡単に始めることができます。

そして、保険料が1カ月でたったの「400円!」しかもいつ始めてもいつ止めてもかまいません。

最後に

付加年金は、低額て気軽に始められますので、とても良い制度だと思います。

国民年金を払う人の「特典」ともいうべき制度ですので、国民年金を払っている人は利用しない手はないと思います。

私もセミリタイアをしたら国民年金に切り替わりますので、当然「付加年金」にも加入するつもりです。

ただし、国民年金を滞納していたり免除している人や国民年金基金に加入している人は、付加年金を払うことができません。

参考URL:日本年金機構(付加保険料の納付のご案内)

スポンサーリンク