15年後に持ち家などの不動産は資産でなく負債に変わる!?

スポンサーリンク

不動産の資産価値がなくなり負債に変わる!?

現在、住居として使われている不動産について、15年後には、その「約3割」が空き家になるといわれています。それは、日本の人口の減少と共に、空室率が増加するといわれているからです。

そして、住居として使われている不動産の資産価値は、立地などにもよると思いますが、当然下がることになると思います。

現在、日本の人口は、都市部などに集中している現状がありますので、都市部以外の地方などの住居は、資産価値がなくなる恐れがあるといわれています。

そして、資産価値がなくなるだけならまだしも、修繕費や税金など維持費が掛かる分、資産ではなく「負債」に変わる可能性もあるとのことです。

今、不動産を買うのは賢明ではない!?

そのことから、地方物件については、立地が良い場所を除くと、将来的なことを考えると、安かろう悪かろうということになるそうです。

そこで、今、無理をして不動産を買わない方が良いとの意見もあります。それは、長期的に見ると立地などにもよりますが、上記の理由から不動産の価値は下がる傾向にあるからです。

そこで、どうしても不動産を買いたいと思うなら、5年後10年後など、なるべく後に回しにして、安く買った方が賢明だとのことです。

最後に

これから団塊世代が亡くなることで、その団塊世代が抱えていた不動産が、大量に余るといわれています。その大量に余った不動産はどうなるのか?それは、投資や相続税対策などで「賃貸物件」などに変わる傾向が高いそうです。

となると、当然、賃貸アパートなり賃貸マンションなどが増えることになり、賃貸料は下がることになりますので、不動産の資産としての価値も下がるということになると思います。

そして、15年後には、不動産の資産価値がなくなるかどうかはわかりませんが、不動産価格は下がる傾向にあるんだろうなと、私自身は思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク