フィンランドがベーシックインカムを試験導入ってどうなの?

スポンサーリンク

フィンランドがベーシックインカムを試験導入

フィンランド政府は、全国民に毎月一定額を支給する「ベーシックインカム」(最低所得保障)制度を試験的に導入する方針を明らかにした。

労働年齢の国民から無作為に選んだ2,000人を対象に、月額560ユーロ(約6万4,000円)を給付する計画

ベーシックインカムの導入については、賛否両論あると思いますが、私はベーシックインカム賛成派ですので、成功してくれれば良いと思っています。

日本でベーシックインカムはいくら必要?

例えば、日本でベーシックインカムを導入するとなると、都心で暮らすには、最低限の生活をするにしても10万円ぐらいは掛かるだろうから・・・

日本の成人人口が、計算を簡単にするため1億人として、その全員に月10万円を払うとなると、月10兆円が必要で、年間にすると120兆円も必要になります。

その120兆円を税金で補うにしても、とても税金だけで補える金額ではないと思います。

そこで、日本でのベーシックインカムを導入するには、まずは財源の確保が最重要!?

スイスの国民投票

最近行われた、スイスでのベーシックインカムの導入賛否の国民投票は、反対派が約78%となり、ベーシックインカムの導入は否決されました。

その反対派の意見としては・・・

・財源不足「ない袖は振れない」

・勤労意欲が失われる。「働く必要がなくなる。」

・給付が減る年金受給者もいる。「年金給付が下がるので反対」

ちなみに、賛成派の意見としては、税金の引き上げなどで、ベーシックインカムの財源は十分に確保できると唱えたらしいです。

最後に

日本でベーシックインカムが導入されるかは、当然のことながら不明です。しかし、もしかしかしたらですが、将来的に年金がベーシックインカムに変わる可能性はあると思っています。

そこで、セミリタイアを考えるなら、ベーシックインカムが導入されれば、楽にセミリタイアができるんだろうけど、将来的に不明なことに期待をしても仕方がないというか意味がない。

ですので、現実的なのは、相応のセミリタイア資金を貯めてセミリタイアをするのが、今は最も現実的で、その上でベーシックインカムが導入されればラッキーみたいな感じかな?

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク