電力自由化で電気代は安くなる!?メリット・デメリットなど

スポンサーリンク

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

電力自由化

2016年4月に家庭などに向けた電力小売りが全面自由化され、電力会社や電気プランを自由に選べるようになります。

そこでいろいろなメリットがあると言われています。

・電力会社が選べる
・電気代が安くなる
・セット割引など選択肢が増える
・環境に配慮した電気などを選べる

最大のメリット

電力自由化での最大のメリットは、色々な電力会社の電気料金プランを比較して選べるようになることだと思います。

例えば、東京では「東京電力」の電気を使っている人がほとんどだと思いますが、今後は、東京ガス、丸紅、伊藤忠などの企業も参入してきますので、その多数の企業の中から電気を使用する会社を選ぶことが可能になると言うことになります。

電気代を安くしたい人、セット割で安くしたい人、電気代が多少高くなっても環境に優しい電気を使いたい人など、多種多様な思惑に対応してくれるようになると言うことです。

電力自由化のデメリット

しかし、電力自由化にはデメリットもあると言われていて、参入企業が多い首都圏なら良いと思いますが、地方など参入企業が少ないような地域になると、競争相手がいずで、逆に電気代が高くなる可能性があるとも言われています。

また、既存の電力会社ではなく、参入したばかりの企業を選択すると、電力自由化は、今までになかった取り組みになりますので、トラブルが発生する可能性があるとも言われています。

電力自由化と言っても、メリットばかりではないことを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

最後に

電力自由化はこれから始まる制度ですので、いろいろなトラブルも出てくるかと思います。しかし、消費者にとって選択技が増え、料金も安くなるなら良いことだと思います。

そこで、メリット・デメリットを踏まえて、既存の電力会社から変える変えないを検討する余地があるのかなと思っています。

スポンサーリンク