電力自由化でシミューレーションをしたら電気代が下がるか?試してみました!

スポンサーリンク

電力自由化とは?

2016年4月1日から始まった「電力自由化」

電力自由化とは?

これまで一般家庭など低圧で電気の供給を受ける場合、契約できる電力会社は地域ごとに決められていました。しかし、2016年4月からはじまった電力自由化によって、一般家庭でも複数の電力会社から選べるようになりました。

その電力自由化が始まって約2か月が経ちましたが、変更世帯が100万世帯を突破したとのことです。

様子を見している世帯が圧倒的!?

これは対象「6260万」に対して「約1.2%」が契約変更したということになります。

この1.2%という数字は、多いのか?少ないのか?様子を見ている人には気になるところだと思います。

そもそも電力自由化とは、電力消費が多い世帯をターゲットにしたサービスで、その電力消費の多い世帯を2ヵ月で1.2%も取り込めたということは上々の出来だとのことです。

しかし、ほとんどの世帯は「様子を見ている」状態だと思います。

それは、電力会社を変更することで、逆に電気料金が上がってしまったり、送電がストップしてしまったり、変更する手続きが面倒だったりがあるので、様子を見ているのだと思っています。ちなにみ、私も様子を見ているその内の1人です。

電力会社を変えることでのメリットは?

・会社を変更することで電気代が安くなる。

・支払いの際に指定のポイントカードを使うとポイントが付く。

・セットにすることで、スマートホンや通信料(ネットなど)を安くすることができる。

・ガスなどとまとめることで、電気代などを安くすることができる。など

シュミレーションをしてみました!

そこで、電気代がどれだけ下がるかシュミレーションしてみました。

URL:価格.COM 電力シュミレーション

無名の会社は怖いので外すとして、大手の企業だけを見ると、一番多く割り引かれるのは、月にすると「500円程度」電気代が下がることが判明しました。

そこで私は、電力自由化については、もう少し様子を見するつもりですが、節約生活をしている身分としては、今年の年末ぐらいには電力会社を変えるつもりでいます。

また、セミリタイアを考えたとき、少しでも電気代が下がる節約(行為)は、メリットになると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク