断捨離で怖い「断捨離依存症」とはどういうことなのか?

スポンサーリンク

断捨離とは?

最近、断捨離という言葉をよく聞くと思います。その断捨離とは、整理術の一つで、身の回りの物を最小限にすることで、身の回りをスッキリさせようというコンセプトの言葉です。

そして、不要な物を捨て身の回りをスッキリさせれば、心も体も気分もスッキリして、張りのある生活になるというものです。

しかし、断捨離という言葉が先行してしまい、とにかく片っ端から物を捨てれば良いと考えている人が多いそうです。そして、必要なものまで捨ててしまえば、それは単なる無駄でしかなく、断捨離以前の問題だと思います。

何でも捨てれば良いというわけではない!

例えば、断捨離しようと、今着ることのない服を捨てることにします。それは、今着ることのない服は、大抵その後も着ることはないからです。

しかし、捨てた後に「捨てるんじゃなかった!」と後悔したことはないでしょうか?そして、買い直したことはないでしょうか?これは服だけでなく、小物、家具、書籍など、あらゆるもので、捨てなきゃ良かったと思うものはあると思います。

なぜ、そのようなことになってしまうのか?それは、そもそも全ての物は「必要」だと思ってて買った物だからです。

怖い「断捨離依存症」とは?

断捨離をして、部屋をスッキリさせたことで、殺風景な部屋になって、返って落ち着かなくなってしまったり、物がない生活に嫌気が差してしまったり、そんな人もいると思います。

また、断捨離に熱心な人は、物を買うという行為自体に罪悪感を覚えてしまい、必要な物を買えなくなってしまうとい人もいるそうです。

中には、断捨離依存症になってしまい、写真、アルバム、大切な人からのプレゼントなど、捨ててはいけない大切な思い出の物までも、捨ててしまうという人もいるそうです。

とにかく、ありとあらゆるものを捨てたくなってしまう。それが「断捨離依存症」です。

断捨離なんて言葉のあや?

そこで思うのは、断捨離なんて言葉のあやで、自分にとって必要だと思うもの物は取っておけばいいし、いらないと思う物は捨てればいいだけのこと。

もったいないとか、今後使えるかもしれないなどと思って取っておいても、部屋の荷物になるだけですので、その都度いらないと思う物を捨てていけば、断捨離などせずとも、自ずと部屋は片付くものだと思います。

そして、断捨離などの言葉に踊らされ、捨てるのが善で、スッキリ暮らすことが善などと思うのは、それはどうなのかな?と思うのですが・・・

とにかく、必要なものは捨てない。そして、必要でないものは捨てる。その判断さえしっかりとできれば、それで良いのではないでしょうか?

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク