学歴社会は未だに存在する?そこまで大卒って価値があるの!?

スポンサーリンク

もはや学歴に価値はない!?

1990年代前半では、大学への進学率は20%台でしたが、今の日本の大学の進学率は50%を超えています。

そこで、昔なら「大卒」といえば、それだけで価値のあるものだったのかもしれませんが、今となっては大卒といってもそれほど価値のあるものではないと思います。

確かに、東大とか京大とか慶応卒とかの高学歴になると、学歴的に一目置かれると思いますが、勉強をする頭と仕事をする頭とでは、そもそも使う頭が違うと思いますので、学歴が高いからといって仕事ができるかといわれればそうとも限らないと思います。

高い学費と貴重な4年間

大学に進学するためには、数十万以上の入学金を払い、また定期的に学費を払い、それ以外にも、大学で使う書籍代、大学に通うための交通費、また大学で食べる食費などにもお金が掛かります。

そこで、年間にすると大学に通うだけで100万以上のお金が掛かり、卒業するまでの4年で数百万ものお金が掛かります。

その数百万のお金を払い、また4年間の若い貴重な時間を費やすだけの価値が、大学進学にあるのかといわれれば、疑問に思わざる負えないと思います。

もはや大学にも学歴にも価値はない?

もちろん、大学に入学して、やりたい勉強や研究などを本気でやるなら、大学に通うための数百万の出費は、無駄ではなく価値があるものだと思います。

しかし、大学に通っている日本人のどれだけの人が本気で勉強をしているのでしょうか?その数は半分にも満たないと思っています。

また、そもそもの大学についても、数百万を掛けてさらに4年間も掛けても通う価値がある大学は、それほどないと思っています。

そこで、大卒の学歴は、もはや価値が薄いものとなり、学歴社会についても、昔ほど存在しないのかなと思っています。

大学は無駄な4年間だった?

私も一応大卒なのですが、大学の4年間は無駄だったと思うし、無駄な時間とお金を費やしただけで終わってしまったと思っています。

なぜ私が大学に入学したのか?

それは、単に高卒で仕事がしたくなかったというのと、まだ遊び足りなかったということもありで、大学に進学しました。

大学に進学する理由はさまざまだと思いますが、自分が学生のころは、将来の目標のためにとか勉強がしたいとか、そのようなことを本気で考えて入学してきた人は極わずかでした。

最後に

私は自費で大学を卒業しました。

今だからいえることですが、大学を卒業するまでに使った数百万の出費をセミリタイアするための資金に充てられていたらと思うと悔しくてなりません。

それは、無駄に大学に進学して4年間をダラダラと過ごすなら、その数百万を使いセミリタイアする時期を少しでも前倒しして、自分のやりたい時間に充てた方が価値があると思っているからです。

そこで、大学に行くにしても4年間という貴重な時間と数百万の出費を考え、無駄な時間を過ごさないようにと心して進学しないと、私のように大学進学は失敗だったと思うようになる結果となると思います。

スポンサーリンク