冬の暖房器具で欠かせない「エアコン」で電気代を高くするNG使用例

スポンサーリンク

b5d180f8d27426e64675e83e8f116984_s

エアコンの使用で電気代が高くなるNG例

寒い冬になると「暖房器具」は欠かせないと思います。そんな暖房器具の中で一番使用されているのが「エアコン」です。

そのエアコンですが、使い方によっては電気代が高くなってしまい、セミリタイアなどで節約生活をしている人や目指している人などには痛手となる場合もなきにしもあらずです。

そこで、エアコンの使用で電気代が高くなるNG例を紹介します。

1、カーテンやブラインドを利用しない

暖かい日差しが差し込む昼間はカーテンを開け、冷気が入り込む夜間はカーテンを閉めてエアコンをつけると、暖かさが無駄になりません。

そのカーテンについては、窓の上部から下部まで隙間なく覆える厚手の生地のものを選ぶとなお良いそうです。

2、つけたり消したりする

エアコンは、運転中よりも運転を開始したときの方が電力を使います。何度もつけたり消したりするのではなく、暖まったら設定温度を下げる、冷えたら設定温度を上げるなどして調整するのが良いとのことです。

3、フィルターが汚れている

エアコン内部にあるフィルターにホコリや汚れが付着していると、暖房効果が弱まるだけではなく、電力を無駄に使うことになります。こまめな清掃を心掛けることが大切です。

4、エアコンだけに頼らない

加湿器を使うことでエアコンの設定温度を低めに設定しても暖かさを感じやすくなります。また、扇風機などを使い暖かい空気を循環させるのもエアコンを効率的に使う1つの手です。

最後に

以上の4点を守ることで実行することで、冬のエアコンの電気代を少しでも安く済ませることができます。参考になりましたでしょうか?

エアコンを上手く利用することで節約になりますので、細かいことだと思いますが、節約が大切なセミリタイアには欠かせないことだと思います。

スポンサーリンク