ブラック企業から転職したけど年収ダウンで後悔する日々とは?

スポンサーリンク

24a7bf214cae312ac228b34077387f32_s

ブラック企業で働いていることに悩む

ブラック企業で広告デザインを担当していた38歳のAさん

広告デザインを担当していたんですが、朝から晩まで働かされるブラックな職場環境が本当に嫌で、後先考えずに辞めました。転職先が決まらず、ようやく見つけたのが手取り24万円で在宅勤務のウェブサービス会社です。

マンションを追い出される。

ブラック企業から転職できたと安心したのもつかの間、都心にある家賃14万円のマンションに住んでいましたが、当然手取り24万では14万もの家賃を払えるはずもなく追い出される羽目になる。

その都心のマンションを追い出されたその後に借りたのは、都心からほど離れた家賃5万の田舎にあるアパート

節約生活の日々

それでも、引っ越した当初は、友人たちも面白半分で遊びに来てくれましたが、そんな友達たちは、結婚したり仕事が忙しいで、今は誰も遊びに来てくれません。

また、給料が安いので、食費も切り詰めるしかなく、激安スーパーで買い溜めした「パスタ」と「松屋」でしのぐ日々、最近は「飽きてきたので、松屋からすき家に変えました。」と得意げに話すAさん

諦めの境地?

転職を機に、かつての仕事仲間も友人も疎遠になり、恋人とは破局してしまったとのこと。さらに、現在の生活から脱出する術も見つからず半ば諦めの境地に達しているそうです。

もうすぐ40歳にもなるのに、今さら新しい彼女も友人も作る気力がわきませんと話していると言う。

最後に

せっかくブラック企業を抜け出せたのに、むしろブラック企業で働いていたときよりも悪化している生活状況、これは誰にでも起こることだと思います。転職に失敗すると良いこともあるけど悪いこともあるとの典型的な例だと思います。

私自身も何度も転職して何度も失敗していますので、たとえ今働いてるところがブラック企業だとしても、転職する際には、もう1度、いや2度でも3度でも良く考えて転職すべきだと上記の文を読んで考えさせられました。

スポンサーリンク