自分は貧乏性だと思っている人がやってしまいがちな行動アレコレ

スポンサーリンク

節約と貧乏性は紙一重?

節約とケチは紙一重といわれていますが、節約と貧乏性も同様に紙一重といわれています。

また、多くの資金を持たないセミリタイアでは、節約がつきものだと思いますが、人によってはその節約をケチだと見る人もいるようです。

そんな節約とケチの境目である、貧乏性の人がついついやってしまいがちな行動があるとのことで、ここに少しあげてみたいと思います。

買い物

・スーパーの見切り品を見るとついつい買ってしまう
・スーパーでは特売品や見切り品しか買わない
・基本的にセールをしているときにしか買い物をしない
・買い物では常に値切る

無料

・割り箸やお弁当についてくるしょうゆなどを捨てられない
・くばっているティッシュはついももらってしまう
・ホテルなどのアメニティグッズを毎回持ち帰る
・紙袋やレジ袋を捨てられなくてとっておく

欲張る

・ビュッフェでは大盛りに盛り付けてしまう
・ドリンクバーだともったいないと無理に多く飲んでしまう
・ごはんお替わり自由の店ではお腹一杯でもおかわりする
・食べ放題のお店でお肉などを隠れて持ち帰る

貧乏性は悪いこと?

自分が「貧乏性」だと思っている人は、上記のことは、結構な確率であてはまっているのではないでしょうか?

そんな私も、常日頃から貧乏性だと思っていますので、上記のことについては、あてはまっていることが多いです。

しかし、貧乏性は生まれ持っている性格というか性質というか、そういうものだと思いますので、治そうにもなかなか難しいものがあると思います。

また、私個人の意見としては、貧乏性は決して悪いことではないと思っています。それは常日頃から節約を心掛けていることで、無駄にお金を消費しないで済んでいると思うからです。

最後に

自分では、普通に行っている節約の行動も、見る人によっては、その行動を「貧乏性」とか「ケチ」と見る人も少なからずいるようです。

例えば、スーパーの見切り品などを買う行動は、私は節約の範囲だと思っているし、普通に行っていることなのですが、スーパーの見切り品に群がる人々をはたから見る人によると、そのような人は貧乏性だと思うようです。

そこで、節約と思ってやっている行動でも、人によっては貧乏生と思われる行動もありますので、世間体や体裁などを気にするような人は、そのような行動を少し控えた方が良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク