貧乏エピソードを笑って話せる人は貧乏の辛さを知らない人!?

スポンサーリンク

テレビなどで放送される貧乏エピソード

テレビなどを見ていると、女優、俳優、芸人などが、売れていなかったときの貧乏エピソードなどをおもしろおかしく話していることがあります。

また、女優、俳優、芸人でなくても子供のころから貧乏で、その貧乏エピソードなどを会社の同僚や飲み会の席などで話すことで、盛り上がることもあるでしょう。

しかし、貧乏エピソードを笑って話せる人は、本当の貧乏を知らない貧乏の辛さを知らない人で、子供のころから貧乏だと悲惨な運命をたどることになるという。

貧乏だとイジメに合う!?

まず、子供のころから貧乏だとイジメに合う確率が高いという。それは、着ている服から、持ち物、住んでる家など、貧乏でイジメられる対象は、ありとあらゆるものになります。

そして、身なりが汚い、臭い、近寄ると病気になるなどいわれ、場合によっては、バイキン!バイキン!などと周りからいわれ、貧乏なことで、ずっとイジメられることになります。

そんなイジメを受けた辛い思いをした人は、幾ら時間が経っても忘れることはできないだろうし、それを貧乏エピソードなどといって、笑って話すことはできないということです。

また、イジメに限らず貧乏だと、借金取りに追いかけられとか、一家が離散したなど、辛い経験をしたという人もいると思います。

私の場合

私の家もどちらかといえば貧乏でしたが、幸い親が無理をして、子供のころや学生時代は普通に過ごさせてくれたので、貧乏といってイジメを受けたことはありませんでした。

しかし、その分、親は私のために苦労をして、迷惑を掛けたこともあっつたし、その苦労で病気になってしまったこともありました。

ですので、子供のときの出来事などを貧乏エピソードとして、笑って話せるということは、私にはない話しです。

もし、私が貧乏エピソードを話せるとしたら、子供のころはこんな感じで過ごしていた程度のことで、決して笑いにはできないです。

最後に

ですので、自分の貧乏エピソードを笑って話せる人って、その貧乏を楽しめたというか、それはそれで、貧乏であったことが人生の糧になっているというか・・・

そして、貧乏の時代があったからこそ、今は成功している自分がいる!みたいな人などは、その貧乏エピソードを笑って話せるんだろうなと思う。

だって、全く成功せずに、ずっとそのまま貧乏だったとしたら、その日に食べることもことかくと思いますので、そんな貧乏エピソードを笑ってなんて話せないと思います。

本当に貧乏で、イジメを受けていた子を子供のころに間近で見たことがあったけど、それはもう悲惨だったからね。そんなを笑ってな話せるなんて、普通はないことだと思っている。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク