ネットが普及して便利になるのもある意味考えものかな?

スポンサーリンク

オークション

昨日今日と仕事が休みだったのですが、特にやることもなかったので、部屋の掃除をしていたところ、懐かしい物がいろいろと出てきたのですが・・・

それは、ゲームボーイ、ディスクシステム、古いゲームソフトなど、いらないゲーム関係のモノでした。それをオークションで売ろうと思ったのですが・・・

しかし、価格を調べたところ100円とか500円とかのモノばかりで、これを売っても手間が掛かるばかりで、これで小銭を稼いでも時間の無駄だと思い止めました。

結局、オークションで売るに売れず、ゴミとして出すしかなさそうです。

ネットの普及で小売店は大打撃!?

ここ数年で爆発的にネットが普及して、いらないものなどがあれば、ネットを使えば自由に簡単に、そのいらないものを売ることができる時代となりました。

これって凄く便利だなと思いつつ、便利になりすぎるのもどうかと思うんですよね。それは、便利になった裏では、淘汰されてしまったものもあると思うからです。

例えば、私は小物などはネットで買うことも多く、となるとネットではなく普通に店を出している小物店などは、物が売れなくなってしまいます。

そして、次第に赤字が増えてしまい、気付いたときは店は潰れてしまいます。

駅前の書店が次々に潰れた!

また、私は本などもネットで買うことが多く、昔と違い書店で本を買うというのは、ほぼなくなってしまいました。

そして、私の最寄駅には、数年前まで書店が「4店」あったのですが・・・

そのうち2店は、すでに潰れていて他の店になっています。これって多分ですが、ネットが普及したことで、本が売れなくなってしまい潰れたんだと思います。

そうなると、駅前の書店にちょっと寄って本を探そうと思っても、すでにその店はありませんので、立ち読みなどすることができません。

ネットは便利だけど苦労している人もいる!?

それ以外にも、昔はオモチャ屋と呼ばれる店が、駅前に2店あったのですが、その2店とも数年前に潰れてしまいました。

これも上記の書店と同じで、ネットが普及したことでオモチャが売れなくなり、そして潰れたのだと思います。

ネットが普及して良いこともあれば悪いこともある。それがネットの世界で、ネットも上手く使えば凄く便利なものだと思います。

しかし、その便利な一方で、店が潰れてしまえばそこで働いていた人は、当然というか自然の流れでクビになりますので、職にあぶれて苦労することになります。

最後に

もちろん、ネットが普及したことで、ネット関連の職は増えたと思いますので、職ということを考えれば、それはそれで良いことだと思います。

しかし、ネット関連の仕事は若い人が多数ですので、私のような40代がその職に就きたいと希望しても無理な話しで、職が増えても高齢者には意味がない!?

そんなことを考えていると、ネットが普及して便利にはなったけど、その裏で苦労している人がたくさんいるんだろうなと思うわけです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク