弁護士の2割が年収100万以下?もうセミリタイアでいいんじゃね?

スポンサーリンク

弁護士の2割は年収100万以下!?

弁護士の年収は、大抵は年収1000万を超えていて、リッチな生活をしていると思っている人も多いと思います。

私もそう思っていた中の1人です。

しかし、調べてみると事情は違っていて、年収100万以下の弁護士が全体の2割もいる世界だそうです。

にわかには信じがたい話しですが、実際の弁護士の年収は想像よりもかなり低いそうです。

弁護士は決してリッチではない!?

弁護士の大半は「個人事業主」として活動していて、収入から事務所費などの諸経費を差し引くと、弁護士全体の2割の人は、年収は100万以下となるそうです。

さらに、幅を広げて年収500万以下となると、なんと4割もいるそうです。

テレビや映画などを見ると、そこに描かれているのは「リッチな弁護士」が描かれており、それを見た私も含めた視聴者は「弁護士=金持ち」と勘違いしてしまうのだと思います。

法科大学院(ロースクール)

最近、あまり耳にしなくなりましたが、弁護士資格を取るための近道として「法科大学院」(ロースクール)が一時話題となりました。

その法科大学院は、入学前の予備校から、実際に入学した際の学費、生活費、その他もろもろで、卒業して弁護士資格を取るまでに1000万近くも掛かるといわれています。

さらに、法科大学院を卒業しても弁護士の資格を取れるのは、全体の2~3割で狭き門となっています。

1000万ものお金を掛けて弁護士資格を取ったとしても、弁護士全体の2割の人の年収は100万以下で、弁護士資格を取ったからといって安泰とは行かず、厳しい現実が待っているということだと思います。

弁護士が増えすぎた?

弁護士の年収が下がってしまった原因は、弁護士を増やし過ぎてしまったことが原因とされています。

また、年収が下がった原因は、身の周りのトラブルなどを弁護士に頼むとしても費用が高く、そこで弁護士に頼むことを敬遠する人もいて、費用的な問題もはらんでいるとされています。

また、景気の状況にも左右され、今はあまり景気がよろしくないですので、それもあって年収が下がっているとの予想です。

そこで、年収1000万を超える弁護士もそれなりにいることから、弁護士も「給料格差」が広がっているということなんだと思います。

最後に

弁護士は、資格さえ取れば今のところ一生続けられる仕事ですので、セミリタイアには打って付けの仕事だと思います。

弁護士の仕事をしながらセミリタイアなんて夢のような生活だと思います。

弁護士の内情を知らないからそんなことがいえるんだと!といわれるかもですが・・・

私は、やろうと思えば年収100万程度でも生活ができますので、それを考えるとやはり弁護士って良いなと思ってしまいます。

スポンサーリンク