セミリタイア資金を貯めるにもバランスが大切だと思います。

スポンサーリンク

若いころ散財したのか悔しくてならない。

私がセミリタイアを考え始めたのは「30代後半」のころでした。

それまでは、お金に余裕があるとパチスロで散財して、そのパチスロで大きく儲けると、無駄に時計や貴金属や服などを買ってみたり・・・

もしくは、好きな旅行に行って、少しお高目の旅館やホテルに泊まってみたり、そんな無駄使いをしていました。

それはそれで、当時は楽しいと思ってやっていたので良いと思うのですが、今思うと無駄遣いしてしまった感は否めないと思っています。

若いころはセミリタイアの言葉を知りませんでした。

いまさらそんなことをいっても後の祭りで、仕方がないとわかってはいるのですが・・・

もし、上記のような無駄使いをせず貯金していれば、今頃は資金的にセミリタイアができていと思うと、悔しいと思ってしまいます。

そこで思うのは、セミリタイアを意識した30代後半より若いにときに、セミリタイアを意識していたら、今とは違った人生を歩んでいたかもしれないと思うことがあります。

私が20代のころは、ネットなど普及しておらず、セミリタイアという言葉もありませんでしたので、セミリタイアを意識できる環境がありませんでした。

セミリタイアを考えお金を使わないはどうなの?

今では、セミリタイアを考えあまり無駄遣しなくなりましたが、無駄遣をいしないを意識し過ぎるのは、それはそれでどうなのかと思うわけです。

セミリタイア資金を貯めるために、やりたいことをセーブする。それは、ある意味セミリタイアするためには必要なことだと思います。

ただ、今の私の生活を見回して見ると、好きだったギャンブルはほぼやらず、旅行にもほとんど行かず、遊びにも行かず、お金の掛かる趣味をやることもありません。

それは、ある意味「詰まらない生活」になってしまっているということです。

最近では旅行に行くようになった!

そこで最近では、3~4ヵ月に一度ぐらいののペースで、貧乏旅行と称して「カプセルホテルの旅」をしています。

URL:キャビンの旅行日記

ただ、旅行に行くといっても、セミリタイアのことを考えると「旅費」のことが気になってしまい、安いところを選ん行く旅行になってしまっています。

そこで、今後は安く行けるところではなく、行きたいところに行くように、貧乏旅行を改善できればなんて思っています。

最後に

せっかくこの世に生まれてきたのだから、人生を楽しむのが前提条件で、その上でセミリタイアがあると思うんです。

ですので、セミリタイアを考え節約ばかりというのは違うと思いますので、それならばセミリタイアなどやらない方がマシだと思うことも無きにしも非ず。

そこで、何事にも「バランス」が大切だと思いますので、やりたいことをやりつつセミリタイアのことも考え、適度に節約するというのが良いと思っています。

なんにせよ、人生を楽しむことを考え、セミリタイアのことも考えで、1日でも早くセミリタイアできればと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク