銀行は1つにまとめるべき?それとも分散が基本?銀行の利用方法

スポンサーリンク

使う銀行は1つ?それとも複数?

使う銀行については、人によって1つにまとめた方が良いという人もいれば、分散した方が良いという人もいると思います。

そのどちらが良いとか正しいとかは、一概にいい切れないと思います。

それは、その人なりの銀行の利用法や管理法があると思うからです。

そこで、ここでは「銀行は分散して使った方が良いですよ!」という、銀行を分散して使うメリットを書きたいと思います。

銀行は分散が基本?

お金の管理は、銀行が中心になると思います。

給与振り込みや公共料金などの引き落とし、また、まとまったお金の預金などに銀行を利用している人が大半だと思います。

そこで、銀行の口座を複数つくり、お金を分散させておくことが大切です。

それは、銀行口座が2つ以上あれば、1つの銀行からお金を引き出せなくても、違う銀行を利用することができるからです。

また、保護される預金は、普通預金などの預金で、1金融機関ごとに1人当たり元本1000万円までですので、その点からも銀行は分散した方が良いと思います。

ATMのことを考える

他にも銀行を分散させる理由としては「ATM」(現金自動預け払い機)のことがあると思います。

1つの銀行だけでお金を管理しているということは、当然ATMも1つの銀行(カード)でしか使うことができません。

大手の銀行なら大抵のATMは使えると思いますが、使うATMによっては、手数料などが掛かる場合があります。

また、地方銀行などの場合には、コンビニなどのATMに対応していないとこもあり、いざ現金が必要になったときに引き出すことができないとういう事態にもなります。

しかし、銀行を分散していれば、いざというときでもATMから現金を引き出せますので安心だと思います。

その他のことを考える

また、地震や火災などの災害の場合には、突然、使えなくなってしまう銀行も場合によってはあるかもしれません。

しかし、銀行を分散していれば、その使えないリスクを分散していますので、何かと安心できると思います。

また、災害だけでなく、銀行自体の倒産などのリスクも銀行を分散していれば同様に少なくなると思います。

最後に

銀行を分散して複数使うと管理が大変、また、財布などを落としたときの連絡が大変などがあると思います。

ですので、銀行を1つにするか?分散するか?は、そのどちらが良いとは一概にいいきれないと思います。銀行を使う人の使い方次第になると思います。

今回は、銀行を分散したときのメリット書いてみましたが、ちなみに私も分散派です。

スポンサーリンク