貧困から抜け出せない「アパレル女子」の厳しい現実とは?

スポンサーリンク

アパレルとは?

アパレルとは、洋服関係の仕事全般のことを差しますが、一般的に洋服販売の仕事を差してアパレルということが多いです。

例えば、洋服屋さんに入いると、その店には「店員」がいると思いますが、その店員を差して「アパレル」店員といいます。

その他には、企画製造(デザイナー、生産管理、バイヤーなど)、本部(人事、経理、事務など)などの仕事に分かれています。

アパレルは激務?

ファッションが好きな人なら、1度はアパレル(洋服販売)で働くことを夢見ると思います。それは、アパレルといえば一見華やかで、女性に人気のある職業の1つだからです。

しかし、その華やかな業界の裏側では、激務だったり、販売ノルマがあったり、女性同志ならではの厳しい人間関係があるそうです。

また、激務の割には給料が安く、人の入れ替わりの激しい業界だともいわれています。

激務の割には給料が安い?

アパレル、いわゆる販売系の仕事は、給料が安いのが定番です。

その給料は、アルバイトだと時給800~900円前後、正社員(平社員)でも15万前後となっているようです。

その15万は「総支給」ですので、手取りにすると15万を切ることも珍しくないようです。それは、年収でいえば200万前後となります。

また、平社員からその販売所のチーフや主任などに身分が昇格しても、その給料としては25万程度が上限となっているようです。

また、能力があれば、さらに上のエリアマネージャーなどになれる人もいますが、その給料としては30万前後が上限で、そのようなポジションになれるのは、ほんの一握りで、厳しい業界となっています。

最後に

アパレルに憧れて業界に入る人は多いですが、それと同時に辞める人も多い業界です。

そこで、真面目に働いていても給料が安いので、貧困にあえいでいる人が多くいるそうで、それを差して「アパレル女子=貧困女子」という図式になるそうです。

さらに、自店の商品が売れ残ったりすると自費で商品を買わされることもあり、さらに貧困になるという悪循環になる女性もいるそうです。

アパレルと聞けば、綺麗とか華やかとか豪華とかそんな感じを想像しがちですが、その裏では、貧困女子を大量に作り出している大変厳しい業界だということだと思います。

それは、憧れとか夢を追うだけでは、簡単に飯は食えないってことだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク