アメリカの下流老人は日本よりも恵まれている!?その実態について

スポンサーリンク

貧困大国=アメリカ

アメリカも日本と同様に下流老人は多い。アメリカは「貧困大国」といわれていますので、当然といえば当然だと思います。

しかし、アメリカの下流老人の事情は、日本とは少し違うようです。

それは、アメリカには、下流老人への幾つかの支援が用意されているからです。

例えば、65歳になると幾つかの条件をクリアすれば、月850ドルの支援を受けられる制度があります。850ドルというと、今の日本円にすると「約9万円」になります。

それ以外の支援

また、収入の3分の1を払えば、家賃を全額出してくれる制度もあり、850ドルの3分の1は、225ドルになりますので、その225ドルを払えば、どんな家に住もうが全ての家賃を政府が負担してくれます。

それ以外にも、アメリカは、キリスト教の文化が根強く、人を助けることを善とする精神で、貧しい人を助ける制度があったりもします。

また、アメリカには「チャリティー」や「寄付」などをすることが美徳とされている文化もあり、貧しい人向けに「フードスタンプ」(食料クーポン)などを配ったりもしています。

そのようなことを考えると、日本の下流老人よりもアメリカの下流老人は恵まれた環境にはあるといえると思います。

医療費については厳しいアメリカ

しかし、そのアメリカにもデメリットはあって、例えば、医療補助の制度は、ほぼ崩壊した状況にあり、日本では、2割や3割負担で受けられる医療でもアメリカでは高額になる場合があります。

それは、日本と違って、国民健康保険、社会保険制度のないアメリカでは、個人で保険に加入するのが一般的だからです。

ちなみに、公的医療保険については、低所得者、低障害者、高齢者向けにあるのみです。

しかし民間の保険は高い

民間の高い保険に入らなければ、支払いが追いつかないのが現状ですが、その民間の保険料は高い。ただし、民間の保険料が高いからといって、その保険に入らないと・・・

例えば、アメリカでは、救急車を1度呼んだだけで、場合によっては数十万も掛かる場合もあります。また、大きな手術1度受けると、場合によっては1000万以上も掛かる場合もあります。

しかし、日本の場合、高額医療については、後から申請すれば、基本的にそのほとんどの医療費は返還されることになります。

最後に

国によって下流老人に優しいといっても、結局、一長一短があるということだと思います。

それは、下流老人を手厚く保護をすれば、それだけお金が掛かることで、そう簡単にはできることではないということだと思います。

「一方を手厚く保護すれば、他方が疎かになる。」

そこで、平均的にというわけには行かずで、下流老人はどの国においても厳しい現実があるということだと思います。

スポンサーリンク