今、秋田県の人口減少がヤバイらしい。どうしてなの?

スポンサーリンク

秋田県で6年ぶりのマンション着工

このほど、秋田県で「6年ぶり」にマンションの着工が計画されていると、数日前の記事で流れました。

マンションの着工でニュースになるとは、秋田県ってそんなに人口減少がヤバイの?しかも6年ぶりにマンションの着工って・・・

そこで、秋田県の現状について少し調べてみました。

秋田県の印象

秋田県といえば、東北地方で「なまはげ」などのお祭りや「秋田こまち」で、お米が美味しいのが有名だと思います。

そこで秋田県の印象といえば・・・

11位:なまはげ
12位:あきたこまち
13位:きりたんぽ
14位:秋田美人
15位:秋田犬
16位:秋田新幹線
17位:ハタハタ
18位:十和田湖
19位:男鹿半島
10位:稲庭うどん

上位10位には、皆さんがご存知のものも多いと思います。

また、私自身も上位10位の中の半分以上は知っていて有名なものばかりです。

全国で最速で人口が減少

しかし、秋田県の人口は年々減少していて、平成27年の秋田県の人口は「約102万人」と、10年前と比べ「10%以上」も減少しているそうです。

そこで秋田県は、全国で「最速」で人口減少が進む県となっています。

なぜ、それほど秋田県は人口の減少は進んでいるのでしょうか?

とにかく仕事がない!

まず、東北地方の若者は、都会に出る傾向が高く、一度都会に出てしまうと帰って来る人は少ないそうです。

また、東北地方は、田舎ならではの、バスや電車が1時間に1本しかない、近くに、病院、スーパー、コンビニなどがない、隣り近所まで距離があるなど、とにかく利便性が悪いのも人口減少の原因の1つとのことです。

また、人口減少の最大の理由としては、秋田県自体に仕事がないことで、仕事があっても給料が安い、福利厚生が悪いなどで、都会に比べると労働環境は良くないようです。

最後に

秋田県に限らず、地方の人口減少の問題はとても深刻だと思います。

これから日本の人口はどんどん減って行きますので、それと並行して地方の過疎化も進むと思います。

そこで、地方の過疎化を止めるには、住居や生活環境などを整え、まともに給料が出る仕事を増やすことが先決だし必要なのかなと思います。

スポンサーリンク