節約生活をせずに2000万円以上を貯める3つのコツとは?

スポンサーリンク

老後資金は3000万以上必要?

一般的に「老後資金は3000万円以上必要」と言われています。この額を聞いて不安を感じない人がどれだけいるのでしょうか。不安を感じる人の方が多いと思います。

そんな3000万円には遠く及びませんが、必要以上に無理な節約生活をせずに「2000万円」ものお金を貯める方法と言うか3つのコツがあるとのことで、そのことについて少し調べてみました。

2000万を貯めるには「3つ」のコツがある?

そんな2000万を貯めるコツとしては、以下の3つのコツがあるそうです。

1、欲しいものではなく必要なものを買うこと。
2、価値のないものは買わないこと。
3、固定費を削減し変動費をコントロールすること。

1、欲しいものではなく必要なものを買うこと。

まず、ものを買う際に、本当に必要なものかどうか、もう一度再確認してからものを買うクセを付けることが大切、不用意にものを買わないことが大切だとのことです。

また、ヤフオクなどのオークションやフリーマケットなどを利用することで、必要なものを安く手に入れ、不要なものを高く売る。そのような努力も必要だとのことです。

2、価値のないものは買わないこと。

例えば、時計を買う際に、見栄を張りたいがばかりに高級な時計を買う。もちろんお金がある人ならそれでも良いと思いますが、節約生活をしないとお金が貯まらないような人は、一時的に張れる見栄のための高額な出費は無駄でしかありません。

また、買った瞬間に価値の下がる新築マンションを数千万も出して購入するなら、中古マンションで我慢して浮いたお金を貯蓄に回すべきだとのことです。

3、固定費を削減し変動費をコントロールすること。

固定費とは、毎月かならずお金が掛かるもので、生命保険料などがその代表例です。そんな固定費を一度リストアップして、例えば、必要以上に多くの保険金を掛けているのなら、切れるべきものは切る努力をする必要があるとのことです。

それ以外にやっかいなのは「変動費」です。その変動費を抑えるには「上書き」(代用)することで出費を抑えることができるそうです。

例えば、毎日飲むスターバックスのコーヒーをコンビニのコーヒーに「上書き」する。風呂上がりに飲むビールを炭酸水に「上書き」する。コンビニで買うお菓子をスーパーで売っている安いお菓子に「上書き」するなどの方法で、簡単に節約ができるとのことです。

この「上書き」する方法で、人によっては月10万円以上も節約できた人もいるそうです。

最後に

上記に上げた「3つのコツ」を実践することで2000万円が貯められるとのことです。

そんな3つのコツをパッと見すると「ありきたり」にも見えますが、もう一度よく読み返してみると、元から実践していない人や実践しても途中で止めてしまった人など、そんな人が実際には多いのではないでしょうか?

老後などに備え貯蓄することは大切で、その貯蓄は多ければ多いに越したことはないと思いますので、必要以上に節約するよりも3つのコツを実践ことで十分に節約が可能だと思います。

スポンサーリンク