30過ぎて貯金100万も作れない奴は「クズ」なんだってさ!

スポンサーリンク

30過ぎて100万も貯金が無い奴は信用できない!

貯金をすることが大切だとわかっていても、中々貯めることができないこともある。

しかし「30過ぎて100万も貯金が無い奴は信用できない」という手厳しい記事が7月22日、はてな匿名ダイアリーに投稿された。

貯金100万作って維持してるかどうかは、まともな社会人かどうかのリトマス試験紙になる。作れた事が無い奴は例外無くクズ。過去作れても維持できてない奴もクズ。

マトモな社会人は、就職数年で普通に持ってる。クズは30過ぎても持ってない。

と、貯金が100万に満たない社会人を痛烈に批判。さらに「私の知っている限りでは、貯金100万作れない人の人生って悲惨、無知蒙昧、お先真っ暗」と追い打ちをかけた。

そんなのどうでもよくない?

上記の記事を読んで私が思ったのは「そんなのどうでもいい」ということ。貯金の多い少ないだけで人を判断するのってどうなの?と思いました。

世の中には、30過ぎてもホームレスだった人が、その後、IT企業を立ち上げて億万長者になった人がいます。

それ以外にも、フリーターからのし上げって、数億を手に入れ一発逆転した人もいます。そして、その手の人は、世の中にはゴロゴロいます。いわゆる「晩成型」という人です。

そこで、なぜに30過ぎて貯金100万ないと「クズ」なのかがわからない。

クズと言い切ってしまう投稿者

例えば、30過ぎたら結婚とか冠婚葬祭とかで、何かとお金が掛かるようになるので、最低100万ぐらいの貯金は必要だよねとか・・・

または、30歳すぎたら社会人としての一つの目安として、100万以上の貯金はできれば欲しいよねとか・・・

そういった内容の記事ならわからなくもないですが、30過ぎて貯金が100万ないと「クズ」とまでいい切ってしまう投稿者が、いろいろな意味で凄いと思ってしまいました。

まともな社会人とは?

多分、上記の記事の投稿者の「まともな社会人」の指標というか考え方と、私の考え方は違うのだと思います。

例えば、私の知り合いに、40過ぎて貯金がほとんどない人がいます。しかし、その知り合いは、仕事を一生懸命していて、プライベートが充実していて、人生を謳歌しています。

そんな知り合いを見ていると、仕事もプライベートも中途半端な私の方が、むしろまともな社会人でない気さえします。

さらに、私は貯金が100万以上ありますが、その貯金も多いといえず中途半端で、そのことが果たしてまともな社会人といえるのか?ということです。

最後に

とにかく、貯金の多い少ないだけで、人の良し悪しを判断してクズといい切ってしまう人は、全で価値観のトップというか一番が「お金」という人なのだと思います。

そして、それも一つの考えだと思いますので、そういう考えがあっても良いと思うし、それを否定するつもりはありません。

しかし、確かに貯金は大切だと思いますが、貯金はその人の一つの判断材料というでけであって、貯金の多い少ないだけで、その人の全ては決まらないと私は思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク