貧困で1000円ランチを頻繁に食べるのは批判されるべき!?

スポンサーリンク

貧困と1,000円ランチ

貧困に陥っている人が1,000円のランチを食べることに嫌悪感を抱くとしたら、あなたは相当、考え方が貧困です。

私は、この文章を読んで、どちらかというと貧困だといっている人が1000円のランチ?と少し嫌悪感を抱く方ですが、好きにすれば勝手にすればと思うだです。

それは、この人は貧困から抜け出すチャンスを自ら捨ててる人なんだろうなと思うだけだからです。あくまでも私の場合はそう思うということで。

ただ、1,000円のランチを頻繁に食べていて貧困だとはいって欲しくないかな。

10年で600万貯まる!?

例えば、1食1,000円だとすると1日3食を食べるとして、ご飯代だけで1日3,000円掛かるわけです。

これを半分の1食500円以下にすれば、その食費としては1日1,500円以下になり、1ヵ月で約5万、1年で約60万も浮く計算になります。これを10年間続ければ「600万」になるわけです。

その600万があれば、中古のマンションとか1戸建てとかを買えば、一生に渡り家賃はタダになるわけです。人に貸して不動産収入でもいいと思うし。(税金や修繕費などは考慮せず)

また、その600万を株などの投資に回せば2倍3倍以上になる可能性もあります。また、場合によっては、その資金を元手に、自営(独立)だってすることがきると思います。

明るい未来が待っている?

少し我慢すれば明るい未来を待ている可能性というか希望が見えるのに、それをせずに貧困だといって、頻繁に1,000円のランチを食べられても「なんなん?」「勝手にせいや!」と思うだけです。

確かに、どうなるかわからない10年後の未来を考えて、食べる楽しみを抑えて上記の600万を貯めるよりも「今を好きに生きた方が良い!」という意見もあると思います。それを否定する気はないです。

それは、今を好きというか楽しくというか大切に生きることも大切だと思うからです。

最後に

ですので、1,000円のランチを差して「貧困のくせに贅沢だ!」とか「貧困なんだからもっと安いものを食え!」とかいう気もサラサラないです。

貧困でも1,000円のランチを頻繁に食べたい人は食べればいいし、将来を考えて食費を抑えて貯金に回すというのもありだと思うし、どちらが正解でも不正解でもないと思います。

他人は他人で自分は自分、自分の考えを他人に押し付けたところで、気持ち良いのは自分だけで、押し付けられた他人は迷惑なだけだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク